2022/5/20

2022/9/30 19:30〜21:00 デジタルハリウッド大学(DHU)公開講座 現実科学ラボ・レクチャーシリーズ Vol.27 #現実とは 四方幸子 × 藤井直敬 *無料・事前登録制

2022/9/30 19:30-21:00 DHU (Digital Hollywood University) presents: Reality Science Lab open lecture “#What is reality Yukiko Shikata × Naotaka Fujii of RCL.

2022/5/17

2022/5/21 15:00-16:00 YAU(有楽町アートアーバニズム)主催「YAU TEN」 TALK SESSION「なぜアーティストと企業がコラボレーションしたのか?」に出演します。柴田尚希(三菱重工 先進デザインセンター長)、稲垣匡人(daisy*)、四方幸子 、深井厚志(YAU)。会場:東京・有楽町ビル10F(無料、対面のみ)。

May 21, 2022 15:00-16:00 Talk session “On the collaboration between artists and company” (“YAU TEN” TALK SESSION, organized by YAU (Yurakucho Art Urbanism). Panelists: Naoki Shibata (Director, MHI Advanced Design Center), Masato Inagaki (Media Artist, / daisy*), Yukiko Shikata, Atsushi Fukai (YAM). Location: Yurakucho Building 10F, Tokyo (Admission Free, on site only).

2022/5/14

2022/5/29 19:00-21:00 高尾俊介初個展「Tiny Sketches」(2022/5/13-6/12 @ 東京NEORT++)関連トーク「高尾俊介を探検する ~コモンズ、コミュニティ、ライフ~」に出演します(対面・無料+YouTube Live配信あり)。高尾俊介 × 四方幸子(モデレーション:NIINOMI)。

2022/5/29 19:00-21:00 Talk “Exploring Shunsuke Takaso - Commons, Community, Life” with Shunsuke Takaso, Yukiko Shikata and NIINOMI/Moderator (on site with admission free+YouTube Live) at the Takawo’s first solo exhibition “Tiny Sketches” (022/5/13-6/12 @ NEORT++, Tokyo).

2022/5/12

南イタリアのLiminariaから電子出版『 #Risonanze e #Coesistenze』がリリース されました。 Yukiko Shikata "Connecting Liminaria - Possible Landscapes" (英伊)所収。*執筆:2019

E-publication "#Risonanze e #Coesistenze" (Liminaria, South Italy), including Yukiko Shikata "Connecting Liminaria - Possible Landscapes” (English/Italian) is released. The text was written in 2019.

2022/4/27

北村皆雄監督『チロンヌプカムイ イオマンテ』のサイトに応援コメントを寄せています。

Rooting comment for the film “Chiron-npcamui Iomante (Red Fox Iomante)” by Minao Kitamura at the film site.

2022/4/24

特別調査員として参加した深澤孝史《道祖神リプレゼンテーション》(2021/11/16-12/12@山梨県立美術館)の記録映像が公開されました!

Movie of Takafumi Fukasawa’s “Dosojin Representation” project (2021/11/16-12/12 @ Yamanashi Prefectural Museum), participated as “Spacial Researcher” is available. *Japanese

2022/4/17

2022/3/11に福島県で開催された「3月11日に波にのろう」(三原聡一郎 オンライン展覧会「空白に満ちた世界」関連イベント|サーフィン@岩沢海岸&トーク@縁側の家)の記録映像が公開されました。

Movie archive of “Ride on Waves on March 11”(related event of an online exhibition of Soichiro Mihara’s “Blank Project”), surfing at Iwasawa Beach and a talk at enngawanoie in Fukushima.

2022/4/8

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第10回「真鍋大度に聞く——NFT・脳オルガノイド・自由エネルギー原理」が公開されました。

The tenth of HILLS LIFE “Ecosophic Future”, an interview with Daito Manabe on NFT, Brain Organoid, Free Energy Principle” came out. *Japanese

2022/4/4

3/28に開催された「SIAF ラボ2021年度活動報告会」のアーカイブが公開されました。

Movie archive of an online talk of “SIAF Lab 2021 Activity Report meeting” on March 28 is available. *Japanese

2022/3/28

「対話と創造の森」では、現地を訪れていただけるオープンデイを開始します(4〜11月の第1日曜11:00-17:00|5月のみ5/4開催)。

“Forest for Dialogue and Creativity” holds “Open Day” (11:00-17:00 on the 1st Sundays from April to November| except in May to be held on 5/4).

2022/3/23

2022/3/28 19:00-21:00 SIAFラボ2021年度活動報告会(オンライン)に出演します。小町谷圭、石田勝也、船戸大輔、平川紀道(SIAFラボ)、久保田 晃弘(SIAFラボスーパーバイザー)。ゲスト:渡邊朋也(YCAM) 、仲本拡史(映像作家)、四方幸子。

On March 28, 19:00-21:00 (JST), online talk of “SIAF Lab 2021 Activity Report meeting” with Kei Komachiya, Katsuya Ishida, Daisuke Ishida, Norimichi Hirakawa (SIAF Lab.), Akihiro Kubota (SIAF Lab. Supervisor). Guests: Tomoya Watanabe, Hirofumi Nakamoto, Yukiko Shikata. *Japanese

2022/3/23

「αM+ vol.2 わたしの穴 美術の穴|地底人とミラーレス・ミラー」(@ギャラリーαM)の「パート1:地底人」(2022/ 1/15-2/12)、「パート2:ミラーレス・ミラー」( 2/26-3/19+3/26オープン!)を俯瞰するトーク(高石晃、石井友人、袴田京太朗、四方幸子)が公開されました。

Talk movie of “αM+ vol.2 My Hole, Hole of Art “Underground People and Mirrorless Mirror” Exhibition (Part I: 2022/1/15-2/12, PartII 2/26-3/19+3/26 @ Gallery αM) with Akira Takaishi, Yujin Ishii, Kyotaro Hakamata, Yukiko Shikata). *Japanese

2022/3/20

「Study: 大阪関西国際芸術祭2022」でキュレーションした正直(小林椋+時里充)の「オフィスミュージック」(2022年1/28-2/13、船場エクセルビル6F)の記録映像を正直が公開しました。

Movie document of “Office Music” by Shojiki (Muku Kobayashi + Mitsuru Tokisato) at “Study: Osaka Kansai International Art Festival 2022” is available.

2022/3/17

「清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2023(AAIC2023)」トークイベント(コロナ禍で福岡開催が中止)に際して映像収録された審査員メッセージが公開されました。企画委員(河西栄二・衣笠文彦)との対談記録は以下にて公開。 https://art-award-gifu.jp/news/146.html

Message movie as a jury of the “Art Award IN THE CUBE 2023 (AAIC2023)” is available. Talk document with Eiji Kasai, Fumihiko Kinugasa (Planning Committee members) is at https://art-award-gifu.jp/news/146.html *Japanese

2022/3/10

3/19 13:30-15:30「清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2023(AAIC2023)」トークイベント・公募説明会@岐阜県美術館 に出演します(四方幸子、笠原巧(AAIC2020入選作家)、桑原鑛司、安藤泰彦、三輪眞弘)。

On March 19, 13:30-15:30, talk at the talk event on the “Art Award IN THE CUBE 2023 (AAIC2023)” at the Museum of Fine Arts, Gifu, Gifu Prefecture.

2022/3/9

2022/3/27 15:00-18:00(セミナー16:30まで、交流会16:30~)東京水都・未来会議 リレーセミナー「コモンズとしての水、アート」(講師:四方 幸子) *オンライン

March 27, 2022 15:00-18:00 Conference for Aqua-city Tokyo in the future presents Relay Seminar “Water, Art as ‘Commons’ ” (Lecturer: Yukiko Shikata) *Online, Japanese

2020/3/3

文化庁『DOMANI・明日 記録集:The Art of Tomorrow 1998-2021』刊行記念オンライントークが公開されました!コーディネーター:沢山遼、登壇者:岩崎貴宏、竹村京、四方幸子 (今月末頃までの期間限定公開)

Movie archive of online talk “DOMANI - The Art of Tomorrow 1998-2021” (Organizer: Agency for Cultural Affairs, Japan, Coordinator: Ryo Sawayama, Speakers: Takahito Iwasaki, Kei Takemura, Yukiko Shikata) is available (by the end of March 2022). *Japanese

2022/3/3

是恒さくら個展「潜る眸」(2022/2/22-3/19 @ CAI03、札幌)のテキスト「潜る眸 — 自然と社会が絡まり合う生態系の深層へ」が公開されました。 *企画協力

Text on Sakura Koretsune solo exhibition “Hitaru Hitomi (diving eyes)” (2022/2/22-3/19 @ CAI03、Sapporo) is released. *Curated

2022/3/1

2022/3/12 16-18時(ZOOM)「 深澤孝史《道祖神リプレゼンテーション》をめぐって」(生命の物質化・物質の生命化に関する理論調査と制作実践・第1回公開研究会/第61回マルチスピーシーズ人類学研究会共催)、プレゼンター:深澤孝史、四方幸子、司会:増田展大、コメンテーター:奥野克巳。*事前登録制

March 12, 2022 16-18:00(ZOOM)”On by Takafumi Fukasawa”, Speakers: Takafumi Fukasawa, Yukiko Shikata, Moderator: Nobuhiro Masuda, Commentator: Katsumi Okuno. *Japanese, registration required

2022/2/28

四方幸子「Can NFTs be used to build (more-than-human) communities? Artist experiments from Japan」(テキストシリーズ「From Commons to NFTs」) @ Makeryが公開されました。*英語&仏語

Yukiko Shikata "Can NFTs be used to build (more-than-human) communities? Artist experiments from Japan” in “From Commons to NFTs”, an (expanded) writing series @ Makery is released. *English&French

2022/2/25

東日本大震災から11周年の2022年3月11日、福島で開催される「3月11日に波に乗ろう」でサーフィンをし、座談会でモデレーターを務めます(三原聡一郎 オンライン展覧会 『空白に満ちた世界』関連企画①)。

On March 11, 2022 (the11th Anniversary of “3.11”, The Great East Japan Earthquake in 2011), participate surfing in Iwasawa beach, and a talk on “3.11” at engawanoie in Fukushima (related event of an online exhibition of Soichiro Mihara’s “Blank Project”)


2022/2/25

「終わらないドローイング ─「Drawings – Plurality 複数性へと向かうドローイング <記号、有機体、機械>」展レビュー」(2022/1/21-2/7 @ PARCO MUSEUM TOKYO|アーティスト:鈴木ヒラク・村山悟郎・やんツー)が公開されました!

Long text “Endless Drawing - Review on “Drawings – Plurality” Exhibition (Artists: Hiraku Suzuki, Goro Murayama, yang02) is released. *Japanese

2022/2/21

2021/9/1の講演 四方幸子「流動・派生するアートそして社会 - デジタル/アナログの対立を越えて」(主催:JASCC/ 協創&競争サステナビリティ学会)の記録(PDF)が公開されました。

Archive (PDF) of my lecture “Art and Society in Flow and Fork - Beyond Digital and Analog” on September 1, 202, organized by JASCC (Japan Association for Sustainabliity based on Co-innovation & Competition) is released. *Japanese

2022/2/20

Web『美術手帖』にて、美術評論家連盟の新会長として受けたインタビューが公開されました。

Interview as a new president of AICA Japan is released at Web “BijutsuTecho (BT)”. *Japanese

2022/2/19

「マルチスピーシーズとアートの未来/四方幸子」(聞き手=奥野克巳)が以文社サイトにて公開されました。

“Multispecies and the Future of Art/ Yukiko Shikata” (Interviewer: Katsumi Okuno/Anthropologist) is released at Ibunsha Publishing site. *Japanese

2022/2/15

特別調査員として参加した深澤孝史《道祖神リプレゼンテーション》(2021/11/16-12/12@山梨県立美術館)の報告書「道祖神リプレゼンテーションの8つの成果」(編著・発行:本阿弥清(特別調査員)+道祖神芸術調査グループ)がダウンロード可能になりました。

Report of Takafumi Fukasawa’s “Dosojin Representation” project (2021/11/16-12/12 @ Yamanashi Prefectural Museum), participated as “Spacial Researcher” is downloadable. *Japanese

2022/2/11

2/12の18:00より「Study: 大阪関西国際芸術祭」クロージング・カンファレンス(オンライン)に正直(小林椋+時里充)と出演します。

Talk with Shojiki (Muku Kobayashi + Mitsuru Tokisato) at the closing conference of “Study: Osaka Kansai International Art Festival 2022” from 18:00 on February 12. *Japanese

2022/2/9

「せんと、らせんと、 6人のアーティスト、4人のキュレーター」展(2021/12/11-2022/2/2@札幌500m美術館)キュレーター(飯岡陸、四方幸子、柴田尚、長谷川新)による解説映像が公開されました。*約27分

Movie archive of curator’s talk on “Sen-to, Rasen-to (Lines, Spirals)” - 6 Artists, 4 Curators” Exhibition (2021/12/11-2022/2/2 @ 500m Museum (Sapporo) is available. *Japanese

2022/2/3

2022年1月よりアートコモンズ『対話と創造の森』のアーティスティックディレクターに就任しました。

I am inaugurated as the artistic director of Art Commons “Forest of Dialogue and Creativity” on January 2022.

2022/1/28

「Study:大阪関西国際芸術祭」(2022/1/28-2/13)が開幕、キュレーションした正直(小林椋 + 時里充)のインスタレーション《オフィスミュージック》についての解説を執筆しました。

A short text on a newly curated installation “Office Music” by Shojiki (Muku Kobayashi + Mitsuru Tokisato) at “Study: Osaka Kansai International Art Festival 2022” (January 28 - February 13). *Japanese

2022/1/22

『美術評論家連盟会報』 22号 特集「批評と、」に、新会長として「なだらかなコミュニケーションをめざして」を寄稿しました。

Contributed to the “AICA Japan Newsletter” #22 as a new president. *Japanese

2022/1/14

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第9回「山々をめぐって——エネルギー・精神・いのち」が公開されました。

The ninth essay of HILLS LIFE “Ecosophic Future”, titled “On Mountain” came out. *Japanese

2022/1/12

「Study:大阪関西国際芸術祭」(2022/1/28-2/13)で正直(小林椋 + 時里充)の新作をキュレーションしました(船場エクセルビル会場)。

Curated a new work of Shojiki (Muku Kobayashi + Mitsuru Tokisato) at “Study: Osaka Kansai International Art Festival 2022” (January 28 - February 13).

2022/1/7

『美術手帖』2022年2月号に「伊藤公象 半世紀の記憶の焼化/昇華態」を寄稿しました。

A short text on Kosho Ito came out in “Bijutsu Techo (BT)” magazine, issue February, 2022.

2021/12/23

特別調査員として参加した山梨アートプロジェクト2021 深澤孝史「道祖神リプレゼンテーション」枠で発行された『道祖神しんぶん』(第1号-第4号)の第1&第3号に寄稿した「丸石問答」、以下でダウンロード可能です。

Short essays “Maruishi Mondo (dialog on/with Maruishi)” in “Dosojin Shimbun” paper (#1, 3) in frame of Takafumi Fukasawa’s “Dosojin Representation” project is downloadable.

2021/12/9

美術評論家連盟の新会長に就任いたします(任期:2022/1/1-2025/12/31)。

I was appointed to the president of AICA (International Association of Art Critics) Japan (Term: 2022/1/1-2025/12/31).

2021/12/6

12/5に開催された南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)オンライントーク(アイデー・デリックス、ピート・フェクライ、錦良成(a.k.a いなり from TOFU/ロッテルダム)、四方幸子 )、アーカイブが公開されました。*日英逐次通訳

Movie archive of online talk on December 5(Aydee Derix, Piet Verkleij, Yoshinari Nishiki (a.k.a Inari, from TOFU), Yukiko Shikata) is available. *English+Japanese

2021/12/3

500m美術館vol36 「せんと、らせんと」6人のアーティスト、4人のキュレーター 展(2021/12/11-2022/2/2@札幌500m美術館)。 キュレーター:飯岡陸、四方幸子、柴田尚、長谷川新。

500m Museum vol.36 “Sen-to, Rasen-to (Lines, Spirals) 6 Artists, 4 Curators” Exhibition (2021/12/11-2022/2/2 @ 500m Museum (Sapporo). Curators: Riku Iioka, Yukiko Shikata, Hisashi Shibata, Arata Hasegawa.

2021/12/1

12/5 18:00-20:00 南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)オンライントーク開催。オランダ側のアーティストが新作を語ります。出演:アイデー・デリックス、ピート・フェクライ、錦良成(a.k.a いなり from TOFU/ロッテルダム)、四方幸子 *日英逐次通訳

December 1, 10:00-12:00 (CET) / 18:00-20:00 (JST), online talk of 2 Dutch artists on their new works for "MSR = HAAG SAEZ “. Participants: Aydee Derix, Piet Verkleij, Yoshinari Nishiki (a.k.a Inari, from TOFU), Yukiko Shikata. *English+Japanese

2021/11/23

6/25に開催したアーティスト・トーク 是恒さくら「鯨寄る、海岸線の物語を編む」 (聞き手:四方幸子)が公開されました。

Movie archive of artist talk Sakura Koretsune with Yukiko Shikata on 2021/6/ 25 is available. *Japanese

2021/11/10

清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2023の開催概要が発表されました。審査員の1人として参加しています(公募期間:2021/12/24-2022/5/16)。

Participate as one of juries to the Art Award IN THE CUBE 2023 (Competition), organized by Gifu Prefecture.

2021/11/9

ヨーゼフ・ボイス生誕100周年/「対話と創造の森」誕生記念フォーラム「精神というエネルギー|石・水・森・人」(2021/11/6@長野県茅野市「対話と創造の森」)アーカイブが公開されました。

Movie archive of online forum ”Energies as ‘Spirits’ - Stones, Water, Forest, Human’” (Joseph Beuys 100th Anniversary / Launch of “Forest of Dialogue and Creativity”) on November 6 (19:00-17:00 JST) from “Forest of Dialogue and Creativity”, Chino, Nagano Prefecture is available. *Fuyuki Yamakawa’s performance is at the last 30 minutes. *other sessions in Japanese

2021/11/8

岐阜おおがきビエンナーレ2021「LIFE!? –部分的に生きているもの、エクストリーム・バイオロジー、エイリアン生命」(12/17-19)で、12/18午後のパネルに出演します! *英語同時通訳あり

Talk at the afternoon panel on December 18, 2021 of Ogaki Biennale "LIFE!? THE PARTIALLY ALIVE / EXTREME BIOLOGIES / ALIEN LIFE" (12/17-19). *English/Japanese

2021/11/7

アバロス村野敦子「Empty Nests Exhibition」(2021/11/11-11/28) @POST(恵比寿)で、アーティストとトークを行います。トークイベント「Empty Nests|空(から/くう)と向き合うこと」11/21(日)15:00-16:30

Talk event “Empty Nests|Facing to the Emptiness”, with Atsuko Murano Abalos,15:00-16:30 on November 21, at her “Empty Nests Exhibition” (November 11-28, 2021)@ POST (Ebisu).

2021/11/3

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第8回「Dialogue Place of Light - 諏訪・八ヶ岳で始動する、新たなコモンズの実践の場「対話と創造の森」」が公開されました。

The eighth essay of “Ecosophic Future”, titled “Dialogue Place of Light” came out. *Japanese

2021/11/1

021/11/8 20:00-21:00 @ Zoom:南三陸=ハーグSAEZ オンライン実験イベント「時里充+福留麻里<スクリーンエクササイズ>@ZOOM」参加募集! [無料・事前登録制]

“Mitsuru Tokisato + Mari Fukutome “Screen Exercise” @ ZOOM “, November 8, 20:00-21:00 (JST), call for participants! [free, to be registered) *English available when English speakers participates, please e-mail: msr.haag@gmail.com

2021/10/19

2021/11/6 10:00-17:00 (JST) ヨーゼフ・ボイス生誕100周年/「対話と創造の森」誕生記念フォーラム「精神というエネルギー|石・水・森・人」(長野県茅野市「対話と創造の森」よりライブ配信! *無料

2021/11/6 10:00-17:00 Online Forum ”Energies as ‘Spirits’ - Stones, Water, Forest, Human’” (Joseph Beuys 100th Anniversary / Launch of “Forest of Dialogue and Creativity”), will be streamed live from “Forest of Dialogue and Creativity”, Chino, Nagano Prefecture, Japan). *Japanese

2021/10/14

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第7回「「螺旋の思考 2/2——対称性の破れ、持続というリズム」が公開されました。

The seventh essay of “Ecosophic Future”, titled “The Spiral Thoughts (2/2) ” came out. *Japanese

2021/10/5

2021/10/8 20:30 より「HYBRID BY NATURE Hman.Machine.Interaction”」2日目のオンライントーク「あいまいな境界 - 現実と仮想空間の融合」に出演します。パネリスト:エキソニモ、セバスチャン・シュミーク、四方幸子、アン=セシル・ウォームス、司会:ビ・シン(東アジア地域のゲーテ・インスティトゥート+スイスの HEKとの共同企画)。*日本語同時通訳あり

On October 20:30 (JST), speak at “Blurred Boundaries” online panel of “HYBRID BY NATURE Hman.Machine.Interaction”. Panelists: exonemo, Sebastian Schmieg Yukiko Shikata, Anne-Cecil Worms, Moderated by Xi Bin (Co-produced by Goethe Institutes in East Asia + HEK Basel). *English translation

2021/10/2

山梨アートプロジェクト2021採択企画深澤孝史《道祖神リプレゼンテーション》2021/10/16–12/12 (展示期間11/16-12/12)に参加しています。 特別調査員:中沢新一、野沢なつみ、本阿弥清、四方幸子 

Participate as one of Special Researchers for Takashi Fukasawa’s archaeological art project “Dosojin Representation” (Yamanashi Art Project 2021) with Shin-ichi Nakazawa, Natsumi Nozawa and Kiyoshi Honnami (Project: October 16 - December 12 /Exhibition: November 15 - December 12).

2021/9/24

10/2(土)19:00-21:00 e講 第五回 「絡まり合う自然そして人間ー生と死の循環の中で」ゲスト:大小島真木(現代美術家)、ホスト:四方幸子、新野圭二郎(11/6のオンラインフォーラム「精神というエネルギー:石・水・森・人」に向けたe講の最終回 )。 *無料

Next Ten Millennia Club(2021-) presents “eLecture (Art)” #5 “Entangled Nature and Humans -In the Circulation between Life and Death” (Guest: Maki Ohkojima /Artist, Hosts: Yukiko Shikata, Keijiro Niino), on October 2, 19:00-21:00(JST). *in Japanese

2021/9/23

齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」関連イベント、アーティストトーク「東京礫層:東京をつくった川の記憶」記録映像を公開しました。齋藤彰英、陣内秀信、四方幸子(動画リンクはページ下部に)。

Artist’s talk of Akihide Saito’s Exhibition “Tokyo Gravel” (Guest: Hidenobu Jinnai, Moderator: Yukiko Shikata) is available. *in Japanese

2021/9/3

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第6回「螺旋の思考 1/2——ミクロ/マクロ、生命そして宇宙のつながり」が公開されました。

The sixth essay of “Ecosophic Future”, titled “The Spiral Thoughts (1/2) ” came out. *Japanese

2020/8/29

9/3(金)19:00-21:00 次の一万年クラブ e講(芸術)第四回 「自然信仰と世界観ーミシャクジに触れながら」。ゲスト:石楚三千穂(スワニミズム事務局長/諏訪)、ホスト:四方幸子、新野圭二郎 * 無料

Next Ten Millennia Club(2021-) presents “eLecture (Art)” #4 “World View based on Nature Worship - including Mishakuji” (Guest: Michiho Ishino / Executive Director, Suwanimizm, Suwa / Hosts: Yukiko Shikata, Keijiro Niino) on September 3, 19:00-21:00 (JST). *in Japanese

2021/8/25

齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」(主催:オープン・ウォーター実行委員会)、始まりました(2021/8/25-9/5 @ iwao gallery/蔵前)。

Akihide Saito’s Exhibition “Tokyo Gravel” (Organizer: Open Water Committee) started. (2021/8/25-9/5 @ Iwao gallery, Kuramae)

2021/8/16

2021/9/1 17:00-18:30 協創&競争サステナビリティ学会で話します。 四方幸子「流動・派生するアートそして社会ーデジタル/アナログの対立を越えて」@ Zoom

September 1, 17:00-18:30 (JST), Yukiko Shikata on “Art and Society in Flow and Fork - Beyond Digital and Analog”, organized by JASCC (Japan Association for Sustainabliity based on Co-innovation & Competition) @ Zoom *Japanese

2021/8/6

「南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)」のオランダのアーティスト向け企画公募で、エイディ・デリックスとピート・フェクライの2人が選ばれました(審査員:ミシェル・ファン・ダーテル(V2、ロッテルダム)、錦良成(TOFU、ロッテルダム)、ジャクリーン・ヘルマ(Satellietgroep、ハーグ)、四方)。

“MINAMISANRIKU = HAGUE SPECIAL ART EXPERIMENT ZONE (SAEZ)” selected plans by Aydee Derix and Piet Verkleij after an open call for Dutch artists, assessed by Michel van Dartel (V2, Rotterdam), Jacqueline Heerema (Satellietgroep, The Hague), Yoshinari Nishiki (TOFU, Rotterdam) and Yukiko Shikata.

2020/8/2

「オープン・ウォーター~水(*)開く~」プロジェクト第2弾、齋藤彰英個展「東京礫層:Tokyo Gravel」を開催します(2021/8/25-9/5 @ iwao gallery/蔵前)。

As a 2nd project, Open Water Committee holds Akihide Saito’s Exhibition “Tokyo Gravel” (2021/8/25-9/5 @ Iwao gallery, Kuramae)

2021/12/1

12/5 18:00-20:00 南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)オンライントーク開催。オランダ側のアーティストが新作を語ります。出演:アイデー・デリックス、ピート・フェクライ、錦良成(a.k.a いなり from TOFU/ロッテルダム)、四方幸子

December 1, 10:00-12:00 (CET) / 18:00-20:00 (JST), online talk of 2 Dutch artists on their new works for "MSR = HAAG SAEZ “. Participants: Aydee Derix, Piet Verkleij, Yoshinari Nishiki (a.k.a Inari, from TOFU), Yukiko Shikata.

2021/7/29

7/31 16:30より「EIR(エナジー・イン・ルーラル)」@ Liminaria Festival(南イタリア)でトークに出演します(英語)。収録映像は後日公開予定。

Talk on “EIR (Energies in the Rura)l” @ Liminaria Festival (onnline), 16:30 (CEST) on July 31. The archive will be later available.

2021/7/30

8/6(金)19:00-21:00 次の一万年クラブ e講(芸術)第三回 「縄文時代の暮らしと精神世界-井戸尻考古館の研究より」。ゲスト:小松隆史(井戸尻考古館館長/長野県富士見町)、ホスト:四方幸子、新野圭二郎 * 無料

Next Ten Millennia Club(2021-) presents “eLecture (Art)” #4 “Life and Spiritual World of Jomon Middle Age - Research of Idojiri Archeological Museum” (Guest:Takashi Komatsu Michiyo / Director, Suwanimizm, Idojiri Archeological Museum, Fujimi-cho, Nagano Prefecture) / Hosts: Yukiko Shikata, Keijiro Niino) on August. 6, 19:00-21:00 (JST) *in Japanese

2021/7/27

2021/8/9(月)20:00-22:00 第57回マルチスピーシーズ人類学研究会(オンライン)「アートと人間的なるものを超えた人類学~展覧会「Land and Beyond |大地の声をたどる」をめぐって~」に出演します(上村洋一、エレナ・トゥタッチコワ、四方幸子、主宰:奥野克巳)。

August 9, 20:00-21:00 (JST), “Anthropology beyond Art and Humans - about an exhibition “Land and Beyond” (Multi Species Anthropology Study Group Meeting, No. 57). Speakers: Yoichi Kamimura, Elena Tutatchikova, Yukiko Shikata, hosted by Prof. Katsumi Okuno, Rikkyo University.

2021/7/26

2021/7/26 7/11に開催した「EIR(エナジー・イン・ルーラル)」青森ACAC x Liminaria(南イタリア)のローンチ公開トークの映像アーカイブが公開されました。*日英

Movie archive of an inaugural talk "Energies in the Rural" (ACAC Aomori/ Japan) and Liminaria/South Italy) is available. *English/Japanese

2021/7/24

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第5回「土地、土、大地、コンポスト…..そしてビヨンド」が公開されました。

The fifth essay of “Ecosophic Future”, titled “Land, Soil, Compost……and Beyond” came out. *Japanese

2021/7/21

上村洋一+エレナ・トゥタッチコワ「Land and Beyond|大地の声をたどる」展(2021 /7/21-8/29 @ ポーラ ミュージアム アネックス)が始まりました。

Yoichi Kamimura + Elena Tutatchikova “Land and Beyond” Exhibition (2021/7/21-8/29 @ POLA MUSEUM ANNEX) is open.

2021/7/7

青森ACACと南イタリアのLiminariaによる「エナジー・イン・ルーラル(Energies in the Rural/EIR)」スタート! (キュレーターとして参加)。2021/7/11 21:00-23:00(JST) 初のオンライントークを開催:ニコラ・ディ・クローチェ、三原聡一郎、レアンドロ・ピサノ(Liminaria)、四方幸子、村上綾(ACAC青森) *日英逐次通訳

ACAC Aomori (Japan) and Liminaria (South Italy) start "Energies in the Rural" (I as one of curators). An inaugural online talk on July 11, 2021,14:00-16:00(CEST)/21:00-23:00(JST) with Soichiro Mihara, Nicole di Cloce, Leandro Pisano (Liminaria), Aya Murakami (ACAC Aomori, Yukiko Shikata (Tokyo) *English/Japanese

2021/6/29

7/2(金)19:00-21:00 次の一万年クラブ e講(芸術)第二回「フォッサマグナと諏訪・八ヶ岳山麓」ゲスト:竹之内耕(糸魚川市立フォッサマグナミュージアム館長)、ホスト:四方幸子、新野圭二郎(一般社団法人 次の一万年クラブ代表理事)*無料

Next Ten Millennia Club(2021-) presents “eLecture (Art)” #2 “Fosssa Magura and Suwa, and Southern Yatsugatake Volcanic Group” (Guest: Ko Takenouchi/Director, Fossa Magura Museum, Itoigawa / Hosts: Yukiko Shikata, Keijiro Niino), on July 2, 19:00-21:00 (JST). *in Japanese

2021/6/23

6/24 19時より、公開フォーラム「想像力という<資本>」が DOMMUNE にて配信されます。

The Forum “Imagination as a form of ‘Capital’ ” will be streamed at DOMMUNE>COM from 19:00 (JST) on June 24.

2021/6/22

公開フォーラム「想像力という<資本>」、情報開示&映像配信開始しました。情報:https://alternative-kyoto.jp/news/275/ フォーラムの映像は以下: 

Movie of the Forum “Imagination as a form of ‘Capital’ ”, is finally up. Keynote speeches by Audrey Tang and Louwrien Wijers (Part I) are in English. *Part II( Panel Discussion) I as a moderator is in Japanese.

2021/6/16

オンライン・アーティスト・トーク 是恒さくら「鯨寄る、海岸線の物語を編む」 聞き手:四方幸子/2021年6月25日(金)19-21時(事前予約要)@さっぽろ天神山アートスタジオ(7月中旬頃トーク動画をyoutubeチャンネル公開予定)

Online Artist talk of Sakura Koretsune with Yukiko Shikata on 6/ 25 19-21:00 @ Sapporo Tenjinyama Art Studio (on reservation /movie archive will be available online around mid July). *in Japanese

2021/6/15

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第4回「社会彫刻、精神彫刻、エコゾフィー|ヨーゼフ・ボイス生誕100年、ラウリン・ウェイヤース、そして私たちの未来」が公開されました。

The fourth essay of “Ecosophic Future”, titled “Social Sculpture, Mental Sculpture, Ecosophy - 100 years of birth of Joseph Beuys, Louwrien Wijers, and our Future” came out. *Japanese

2021/6/2

「南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)」、 オランダ側のアーティスト企画公募を「オンライン宿泊」と「ヴァーチャル・トラベル」をテーマに開始しました!(締切:6/30)。 *in English

“MINAMISANRIKU = HAGUE SPECIAL ART EXPERIMENT ZONE (SAEZ)” started an Open Call of “Online Lodging” and “Virtual Travel” project plans for Dutch-based artists (deadline: June 30, 2021).

2021/6/1

今年立ち上がった一般社団法人「次の一万年クラブ」でのオンライントーク「e講(芸術)」、四方幸子、新野圭二郎(公共創造家)により6月より月1回、合計5開催予定です。第1回は6/4(金)19:00-21:00 「ヨーゼフ・ボイスと公共創造」。

Next Ten Millennia Club(2021-) starts an online “eLecture (Art)” this month, every month through October, hosted by Yukiko Shikata and Keijiro Niino. The first is on 6/4, 19:00-21:00, with the title “Joseph Beuys and 'Public Creation' ”. *in Japanese

2021/5/27

キュレーターとして参加した上村洋一+エレナ・トゥタッチコワ「Land and Beyond|大地の声をたどる」展(2021 /7/21-8/29 @ ポーラ ミュージアム アネックス)の情報が公開されました。

News release of curated exhibition Yoichi Kamimura + Elena Tutatchikova “Land and Beyond” (2021/7/21-8/29 @ POLA MUSEUM ANNEX) came out.

2021/5/25

急遽オンラインのみの開催となった世界運河会議(2021/5/21-23@名古屋)のアーカイブが公開されました。出演したオープニング・ディスカッション-1「水辺のコスモロジー アート・意識・未来」は、13:15-15:15の部分となります。

Movie archive of the Opening Discussions 1: “Cosmology of Waterside: Art, Consciousness, Future” at the International Canal Forum Nagoya 2020 (2021/5/21-23, went only online) is now available. (part: 13:15-15:15) *in Japanese

2021/5/15

5/22の公開フォーラム「想像力という<資本> - 来るべき社会とアートの役割」は、 新型コロナウイルス感染拡大防止のため会場が休館、6月にオンライン配信となりました(公開日は以下で発表予定)。

Open Forum “Imagination as a form of 'capital' ” on 5/22 on-site was cancelled, and to be streamed online in June (The date will be announced below).

2021/5/7

5/21 13:15-15:15、世界運河会議(2021/5/21-23@名古屋)のオープニング・ディスカッション-1「水辺のコスモロジー アート・意識・未来」に出演します。登壇者:陣内秀信/服部充代/四方幸子/清水陽子 @ 愛知大学名古屋キャンパスグローバルコンベンションホール。 

5/21 13:15-15:15 Talk at the Opening Discussions 1: “Cosmology of Waterside: Art, Consciousness, Future” at the International Canal Forum Nagoya 2020 (2021/5/21-23) @ Aichi University, Nagoya Campus Global Convention Hall. *in Japanese

2021/5/3

『美術手帖』6月号(5/7発売)に、ヨーゼフ・ボイスについての原稿「未来へと接続されるボイス」を執筆しました。

Article on Joseph Beuys”Connecting to the Future” in “BT (Bijutsu Techo)” art magazine, June 2021. *in Japanese

2021/4/26

2021/4/25開催のキックオフ・トーク「南三陸 = ハーグ SAEZとは?初バーチャルAIRのおひろめ!」のアーカイブを公開しました。

Movie archive of Kick Off Talk “What is ? A premier of the first V-AIR (Virtual Artist In Residence)” on 2021/4/25. *Japanese

2021/4/25

京都府域展開アートフェスティバルALTERNATIVE KYOTO 公開フォーラム「想像力という<資本> - 来るべき社会とアートの役割」5/22 13:30-17:30 @京都文化博物館別館+オンライン(基調講演:オードリー・タン、ラウリン・ウェイヤース/パネルディスカッション:岩崎秀雄、占部まり、奥野克巳、モデレーター:四方幸子/アーティスト・プレゼン:荒木悠、石川竜一、SIDE CORE、島袋道浩、Hyslom他、モデレーター:八巻真哉) 。企画協力しました。 *Web近日公開

Conceived and appear as a moderator at: Open Forum “Imagination as a form of ”,(Keynotes: Audrey Tang, Louwrien Wijers / Panel Discussion: Hide Iwasaki, Katsumi Okuno, Marie Urabe, moderator: Yukiko Shkata / Artists presentation, moderator: Shinya Yamaki), in the frame of ALTERNATIVE KYOTO Festival 2021, Kyoto Prefecture.

2021/4/24

2021/4/25 14:00-17:00(日本時間)ライブ配信+現地開催|キックオフ・トーク「南三陸 = ハーグ SAEZとは?初バーチャルAIRのおひろめ!」会場:南三陸まなびの里いりやど ラウンジ 入場料:無料 定員:12名(事前予約制)、出演:阿部忠義(南三陸ラーニングセンター 理事)、佐藤太一(株式会社佐久 専務取締役)、時里充+福留麻里(アーティスト)、岩田康宏(南三陸AIRコーディネーター)、四方幸子、錦良成(ロッテルダム)

Live stream and on site: Kick Off Talk “What is ? A premier of the first V-AIR (Virtual Artist In Residence)” on 2021/4/25 14:00-17:00 (JST) *Japanese

2021/4/24

2021/4/21開催のトーク 「太平洋アートネットワーク#3」(ゲスト:グレッグ・ドボルザーク、ジェームズ・ジャック)のアーカイブを公開しました。 *日本語

Movie archive of talk “Pacific Art Network#3” ( Guests: Greg Dvorak, James Jack on 2021/4/21. *Japanese

2021/4/23

時里充+福留麻里「山びこを持っていく」展(2021/4/24-5/5、 「南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)」)@南三陸まなびの里いりやど ラウンジ。

“Transporting Echoes” Exhibition by Mitsuru Tomisato + Mari Fukutome, in the frame of “Minamisanriku = Haag SAEZ” is on from 2021/4/24-5/5 @ Minamisanriku Learning Center “Iriyado”.

2021/4/16

宮城県南三陸町とオランダのハーグを結ぶ「南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)」、国内アーティストのV-AIR(ヴァーチャル・アーティスト・イン・レジデンス)によるプロジェクト、時里充+福留麻里「山びこを持っていく」 とともに開始しました。

“Minamisanriku=Haag SAEZ (Special Art Experiment Zone)” project, connecting Minamisanriku, Miyagi Prefecture (Japan) and The Haag (Netherlands) started with V(Virtual)-AIR, showing a first result with the project “Transporting Echoes” by Japanese artists Mitsuru Tomisato + Mari Fukutome.

2021/4/15

4/21 19:00-21:00(JST)トーク 「太平洋アートネットワーク#3」@ YouTube Live。ゲスト:グレッグ・ドボルザーク(太平洋諸島学・早稲田大学教授/東京)、ジェームズ・ジャック(アーティスト、リサーチャー/シンガポール)、ホスト:加藤翼・四方幸子・村山悟郎 *日本語

April 21, 19:00-21:00 (JST) Talk “Pacific Art Network#3 @ YouTube Live. Hosts: Tsubasa Kato, Goro Murayama, Yukiko Shikata / Guests: Greg Dvorak (Pacific Studies /Waseda University), James Jack (Artist&Researcher, Singapore) *Japanese

2021/4/6

2019年から委員として参加している「水都東京・未来会議」のウェブサイトが公開されました。

Web site of “Conference for Aqua-city Tokyo in the future” (Committee member since 2019) came out.

2020/4/2

2021/4/2 daisy*・稲垣匡人ドキュメンタリー映像「Serendipity」(2021)でコメントしています。

My interview is in a documentary video of daisy*・Masato Inagaki “Serendipity” (2021). *in Japanese

2021/4/2

3/12に開催された「アート・テクノロジー・ビジネスの融合するアーティスト! daisy*・稲垣匡人アートプロジェクト発表会」稲垣匡人、吉泉聡(TAKT PROJECT)、柴田尚希(三菱重工)、四方幸子 @六本木 蔦屋書店の記録映像が公開されました。

Movie archive of “daisy*・Masato Inagaki - Artist who traverses Art, Technology and Business” (online+offline @ Roppongi Tsutaya Books) on March 12 with Inagaki, Satoshi Yoshiizumi (TAKT PROJECT), Naoki Shibata (Mitsubishi Heavy Industries), Yukiko Shikata. *in Japanese

2021/3/25

2020/10/1にDOMMUNEで配信したスイス・クリエイティブ・トーク vol. 7「創造性とニューノーマル — AR & ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス」(AATB、ジル・ジョバン、真鍋大度、四方幸子、宇川直宏、クワイエット・ラブ・レコーズ + 中山晃子)のアーカイブが全編公開されました。

Full video of DOMMUNE (live stream) “SWISS CREATIVE TALK VOL. 7: Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” on October 1, 2020 is available. (with AATB, Gilles Jobin, Daito Manabe, Yukiko Shikata, Naohiro Ukawa and special performance by Quiet Love Records + Akiko Nakayama.

2020/3/19

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー」第3回「WE ARE HERE AWAKE AND ALIVE」が公開されました。

“WE ARE HERE AWAKE AND ALIVE”, a third article of my series “Ecosophic Future” (for HILLS LIFE) is published.

2021/3/5

3/9 20:00-22:00 (日本)/ 3:00-5:00 (PST) 「太平洋アートネットワーク#2 つながる水〜3.11から10年」@Clubhouse|東日本大震災(3.11)から10年を迎えようとする夜に、地震や津波、海流、漂流物、鯨などに目を向けてアーティストやキュレーターが話します。ホスト:加藤翼、村山悟郎、四方幸子/ゲスト:アバロス村野敦子、キオ・グリフィス、是恒さくら、高橋優子

March 9, 3:00-5:00 (PST) / 20:00-22:00 (JST) “Pacific Art Networrk#2 Connecting Water ~ 10 Years after “3.11”, the Great West Japan Earthquake” @ Clubhouse *Japanese| Hosts: Tsubasa Kato, Goro Murayama, Yukiko Shikata / Guests: Atsuko Murano Abalos, Kio Griffith, Sakura Koretsune, Yuko Takahashi.

2021/3/3

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第2回、オードリー・タンとのトーク (2020/12/16@台北C-Lab)の後半が公開されました。

The second half of the conversation with Audrey Tang (Japanese translation) at Taipei C-Lab on December 16, 2020 came out at “Ecosophic Future”.

2021/3/2

「村山悟郎 Painting Folding」展@TSCA (2020/12/19-2021/2/13)のレビュー記事(2020/2/4@美術手帖Web)が、英訳とともに村山悟郎サイトで公開されました。

English translation of my review on Goro Murayama's solo exhibition "Painting Folding" @ TSCA for BT Web magazine in PDF is uploaded at Murayama’s site, together with the link of original review in Japanese.

2021/3/1

3/12 18:30-20:00「アート・テクノロジー・ビジネスの融合するアーティスト! daisy*・稲垣匡人アートプロジェクト発表会」トーク(オンライン+オフライン@六本木蔦屋書店)に出演しま す。

Talk event “daisy*・Masato Inagaki - Artist who traverses Art, Technology and Business” (online+offline @ Roppongi Tsutaya Books), 18:30-20:00 on March 12.

2021/2/20

HILLS LIFEで連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」を開始しました。初回と第2回は、2020/12/16に台湾で行なったオードリー・タンとのトーク全編を紹介します。

Started a serial article “Ecosophic Future” at HILLS LIFE, featuring the Japanese translation of whole conversation with Audrey Tang, held at Taipei C-Lab on December 16, 2020 for the first two times.

2021/2/4

村山悟郎個展「Painting Folding」@TSCA (Takuro Someya Contemporary Art) のレビューがWeb版『美術手帖』に掲載されました。

The review of Goro Murayama “Painting Folding” Exhibition @TSCA (Takuro Someya Contemporary Art) for Web ver. of “BT (Bijutstu Techo)” art magazine. *in Japanese

2021/1/20

1/30 14:00-16:00 四方幸子 講演会「メディアアートにおけるメセナ事業と展示/ キヤノン・アートラボと資生堂サイバーギャラリー・CyGnet について」@ アートラボあいち2階(事前申込制・ライブ配信有)

Lecture “On Mecenat Programs of Media Art in1990s-early 2000s/ Canon ARTLAB and Shiseido CyGnet” at ART LAB AICHI, Nagoya, 14:00-16:00(JST) on January 30. (+ online) *in Japanese

2021/1/15

1/22 14-16時に 「声」をめぐるオンライン・トークショーに山川冬樹さん、黒嵜想さんと出演します。多摩美術大学 情報デザイン学科メディア芸術コース3年生有志学外展 2021「ツ__、」(1/21-23)枠です。

Online talk show “on ” with Fuyuki Yamakawa (artist) and So Kurosaki (Critic), January 22, 14-16:00 (JST), in frame of “ツ__、(tsu…ten)”, a student exhibition of 3rd Grade, Media Arts course of Information Design Dept., Tama Art University (January 21-23).

2020/12/28

山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」(11/29@東京港海上、主催:オープン・ウォーター実行委員会)の全編記録映像が公開されました。

Full video archive of Fuyuki Yamakawa live performance "DOMBRA" (November 29, on water in Tokyo Harbor, Organized by Open Water Executive Committee) is available.

2020/12/25

年末に刊行された『美学の事典』(編:美学会、発行:丸善出版)で項目「医療と芸術ー生命観の変化に芸術(アート)はどう向き合ってきたのか」を担当しました。

Contributed one article “Medical care and art - How has art reflected changes in the outlook on life?” In “Encyclopedia of Aesthetics” (Ed. The Japanese Society for Aesthetics, Publisher: Maruzen Publishing Co., Ltd., 2020).

2020/12/20

12/19に開催されたオンラインパネル「the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era」の記録映像が公開されました。

The movie of online forum “the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era” on December 19, is now available.

2020/12/17

12/16に台北のC-Labで開催されたオードリー・タンとのトーク「Il y a … 存在著…」(Shih-Chieh Ilya Li (1973-2019))の記録映像が公開されました。

The movie of a conversation with Audrey Tang, “Ilya…” @C-Lab (Taipei) on December 16, is available.

2020/12/10

12/21 11:00-12:00 (日本)/ 10:00-11:00 (台湾) にオンライントーク「Mycorrhiza(菌根)Chatroom」をアリサ・ブレークニー(キュレーター、オーストラリア)とトゥーツン・リー(アーティスト、台湾) と ともに行います(アートマガジン『Hyphae』刊行イベント)。

On December 21, 11:00-12:00 (JST)/ 10:00-11:00 (Taiwan), an online Talk “Mycorrhizal Chatroom” with Alisa Blakeney (Curator, Australia), Tzu Tung Lee (Artist, Taiwan) and Yukiko Shikata (staying in Taipei) for “Hyphae” magazine.

2020/12/10

12/19 23:00-25:00 (日本)/ 15:00-17:00 (CET)に開催されるオンラインパネル「the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era」で、1人目としてプレゼンします。他にダニエラ・アリアド(チリ・ノ ルウェー)、レジネ・ドバティ(ベルギー)、カミラ・マランビオ(チリ)、ジョン・サッカラ (英国・フランス)が出演。モデレーター:レアンドロ・ピサノ(Liminaria/イタリア)。

On December 19, 23:00-25:00 (JST) / 15:00-17:00 (CET), appear as a first presenter in “the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era”, followed by Daniela Arriado (Chile&Norway),  Régine Debatty  (Belgium),   Camila Marambio  (Chile) and John Thackara (UK&France). Moderator: Leandro Pisano (Liminaria / Italy).

2020/12/10

12/16の 19:00-20:00 (日本)/ 18:00-19:00 (台湾)にオードリー・タン(デジタル大臣、台湾) と台北のC-Labでトーク「Il y a … 存在著…」(Shih-Chieh Ilya Li (1973-2019))を行います 。「LAB KILL LAB」(監修:シュー・リー・チェン、12/14-20 @ C-Lab)関連イベント。ライブ 配信あり。

On December 16, 19:00-20:00 (JST) [GMT=9]/ 18:00-19:00 (Taiwan) [GMT=8], a conversation with Yukiko Shikata and Audrey Tang, "Il y a ..." in deep thoughts with Shih-Chieh Ilya Li (1973-2019), “LAB KILL LAB” (Directed by Shu Lea Cheang) live from  C-lab  and net stream.

2020/12/6

2020/11/29に東京港海上で開催した 山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」の写真を公開し ました。12/28に記録映像全編を公開します(無料)。

Photos of Fuyuki Yamakawa live performance "DOMBRA" (November 29, on water in Tokyo Harbor is up. Archive of the whole performance is available for free from December 28.

2020/12/5

12/8 21:00-23:00 (日本)/13:00-15:00(ベルリン)にBerlin-Tokyo Viral Cloud #10 - with Yukiko Shikata」で 「Art with/for the world - through my curatorial investigation since 1990」というタイ トルでプレゼンテーションを行います。

On December 8, 21:00-23:00 (日本)[CET=8] Talk “Art with/for the world - through my curatorial investigation since 1990” @ Berlin-Tokyo Viral Cloud #10 - with Yukiko Shikata.

2020/12/3

11/20に開催されたオンライントーク「Fossa Magna- Their landscapes / フォッサマグナ- 彼らのランドスケープ」 (パネリスト:竹之内耕(地質学・博士(理学)、アバロス村野敦子(写真家 )、四方幸子))@VABFの記録映像が公開されました。

The movie of online talk “Fossa Magna- Their landscapes” with Abaros Atsuko Murano (Artist/Photographer) + Ko Takenouchi (Geology, Doctor of Science) + Yukiko Shikata @ VABF on November 23 is available.

2020/12/1

台北で12/14-20に開催される「Lab Kill Lab」 @ C-LAB(監修:シュー・リー・チェン)の5プロ ジェクトの一つ、バイオアートのワークステーション「Forking PiraGene」の共同キュレーターとし て、台湾に滞在、帰国は12/28の予定です。

Currently in Taiwan as a co-curator of bio art work station “Forking PiraGene” (one of 5 projects of “Lab Kill Lab” directed by Shu Lea Cheang at C-LAB, December 14-20), till December 28.

2020/11/22

ディレクターを務めるオープン・ウォーター実行委員会(2018-)初の公開イベントとして山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」を開催します。2020年11月29日(日) 16:00〜19:00@東京湾海上(雨天順延)※ライブパフォーマンスの一般公開はありません。○アーカイブ配信(無料)は、2020年12月6日(日)より。

Fuyuki Yamakawa "DOMBRA" organized by Open Water Committee (since 2018, I as Director) will be held as follows: ○Live Performance: November 29 (Sun), 2020 16-19:00 on water in Tokyo Bay (postponed In case of rain) *for limited number of audience / ○ Archive streaming (free) available from December 6 (Sun).

2020/11/18

11/23(月・祝)13–14:30 オンライントーク「Fossa Magna- Their landscapes / フォッサマグナ- 彼らのランドスケープ」 を VABF (Virtual Art Book Fair)にて開催します。パネリスト:竹之内耕(地質学・博士(理学))、アバロス村野敦子(写真家 )、四方幸子(主催:assignments)。

On November 23 (Mon/holiday), 2020, at 13:-14:30 (JST) online talk “Fossa Magna- Their landscapes” with Abaros Atsuko Murano (Artist/Photographer) + Ko Takenouchi (Geology, Doctor of Science) + Yukiko Shikata at VABF (Virtual Art Book Fair), organized by assignments.

2020/11/14

『美術評論家連盟会報』 21号 特集「批評とメディアの30年」に、「90年代から2000年のコンピュータとインターネットを介した美術批評について ー 1990年代 オンライン上の批評の黎明」を寄稿しました。

My text “On the Art Criticism via Computer and Internet, between 1990 and 2000 — Emergence of Online Criticism in 1990s” appeared in “AICA Japan” Journal No. 21. *Japanese

2020/11/8

内海聖史個展「squid」(2020/11/27-12/27)@アートフロントギャラリー(代官山)に寄せた短文がアップされました。

English version of my text on Satoshi Uchiumi Exhibition "squid" (November 27-December 27, 2020) @ Art Front Gallery (Daikanyama, Tokyo) appeared. *please switch to “English”

2020/11/7

『美術手帖』2020年12月号(11/7発売)にエキソニモ(千房けん輔、赤岩やえ)へのインタビューが掲載されました。

Interview with exonemo (Kensuke Sembo, Yae Akaiwa) appeared in an art magazine “BT (Bijjutsu techho)” (December 2020). *Japanese

2020/9/26

10/1 19:00-23:00 @SUPER DOMMUNE スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7 「スイスの創造性とニューノーマル―AR・ロボットがダンス・コンテンポラリーアートと出会ったら」●TALK:ジル・ジョバン、AATB/宇川直宏/真鍋大渡/四方幸子 ●LIVE : 中山晃子、Quiet Love(from Zürich)*同時通訳つき DOMMUNEにアップされました。

10/1 19:00-23:00 (JST) / 12:00-16:00 (CET) “SWISS CREATIVE TALK vol. 7 : Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” @ S/U/P/E/R DOMMUNE. Speakers: Gilles Jobin, Daito Manabe (Rhizomatiks), Naohiro Ukawa (S/U/P/E/R DOMMUNE), Yukiko Shikata and AATB (design practice), Live: Akiko Nakayama, Quiet Love (from Zürich), the information is now on DOMMUNE.

2020/9/16

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」(10/31まで配信中|日本語 [フランス語の発言は字幕付き])の購入期限が10/30 23:30に延長されました。

The purchasing deadline of the Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Streaming till October 31 |Japanese (with Japanese subtitle for Hisham Berrada’s talk) was extended to 23:30 (JST) of October 30.

2020/9/15

9/11に配信されたArs Electronica 2020 - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” の記録映像(英語)が公開されました。

The movie of Ars Electronica 2020 - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition”, streamed on September 11, is available. *English

2020/9/15

「Museum inside Network 91 Revisited」セッション(Ars Electronica2020枠文化庁メディア芸術祭制作「Tokyo Garden」、9/9-13 オンライン配信)の記録映像が公開されました。

The movie of talk session “Museum inside Network 91 Revisited” in “Tokyo Garden” by the Japan Media Arts Festival under the umbrella of Arts Electronica 2020, is available. *with English translation

2020/9/13

9/15 19:00-25:00 SUPER DOMMUNE Florian Schneider追悼番組「クラフトワークとジャーマンエレクトロニクス大百科」に出演します。トーク1:永田一直、井上誠、明石政紀(ZOOM) 、司会:野々村文宏/トーク2:砂原良徳、MOODMAN、四方幸子、司会:宇川直宏/DJ Plays KRAFTWERK ONLY :砂原良徳、永田一直、MOODMAN。

9/15 19:00-25:00 Participate to the “Talk2” in the live streaming of SUPER DOMMUNE - in memory of Florian Schneider - “ENCYCLOPEDIA OF KRAFTWERK & GERMAN ELECTRONICS” (Talk1: Kazunao Nagata, Makoto Inoue, Masanori Akashi[ZOOM], moderated by Fumihiro Nonnomura / Talk2: Yoshinori Sunahara, MOODMAN, Yukiko Shikata, moderated by Naohhiro Ukawa / DJ Plays KRAFTWERK ONLY: Sunahara Yoshinori, Kazunao Nagata, MOODMAN.

2020/9/9

10/1 19:00- スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7 「創造性とニューノーマル—AR&ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス」@ S/U/P/E/R DOMMUNEに出演します。出演者:AATB(アンドレア・アンナ―&ティボー・ブレべ)、ジル・ジョバン、真鍋大度、四方幸子、宇川直宏。

10/1 Live streaming from 19:00 p.m. (JST in Japan) / 12:00 p.m. (noon CET) “SWISS CREATIVE TALK vol. 7 : Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” p S/U/P/E/R DOMMUNE. Speakers: Gilles Jobin (choreographer and filmmaker), Daito Manabe (Rhizomatiks), Naohiro Ukawa (S/U/P/E/R DOMMUNE), Yukiko Shikata and AATB (design practice).

2020/9/8

9/9-13 Ars Electronica2020枠文化庁メディア芸術祭による「Tokyo Garden」(オンライン配信)が開催。「Museum inside Network 91 Revisited」セッションに参加します。久保田晃弘、八谷和彦、江渡浩一郎、四方幸子、モデレーション:齋藤精一(Rhizomatiks/Tokyo Gardenディレクター)+畠中実(ICC)。

9/9-13 The talk session “Museum inside Network 91 Revisited” (Akihiro Kubota, Kazuhiko Hachiya, Kouichiro Eto, Yukiko Shikata, moderators: Seiichi Saito (Rhizomatiks&Director of “Tokyo Garden”) and Minoru Hatanaka (ICC) in “Tokyo Garden” by the Japan Media Arts Festival under the umbrella of Arts Electronica 2020, is streamed online. *with English translation

2020/9/5

9/11 21:00-23:00 Ars Electronica - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” が配信されます:カールステン・ニコライ、マルコ・ペリハン、阿部一直、四方幸子、齋藤精一(Rhizomatiks)(トーク 21:00-22:00)、真鍋大渡(Rhizomatiks)(ライブ22:00-23:00)。 *トークは英語

Sept. 11(Fri) 15:00-15:55(UTC+2) Ars Electronica - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” Seiichi Saito (Rhizomatiks, JP), Carsten Nicolai (DE), Kazunao Abe (JP), Marko Peljhan (SI), Yukiko Shikata (JP)/Talk, Daito Manabe (Rhizomatiks,JP)/Live. [Talk in English]

2020/9/1

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」の配信期間が発表されました。 9/20(日)-10/31(土)|日本語(フランス語の発言は字幕付き)。料金:一般1000円、アンスティチュ会員無料(購入期限:9/19)。

Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Streaming date: September 20 (Sun) - October 31 (Sat). |Japanese (with Japanese subtitle for Hisham Berrada’s talk). Yen 1,000/ Free for Institut Francois members. (purchasing deadline: September 19 (JST)).

2020/8/17

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」(9月初旬配信・日程は近日告知)に出演します。第一部:イシャム・ベラダへのインタビュー(司会担当)/第二部:三原聡一郎、奥野克巳、四方幸子による鼎談。

Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Online streaming in early September, the date to be announced): Part I: Interview with Hisham Berrada, Part II: Talk with Soichiro Mihara (Artist), Katsumi Okuno (Anthropologist).

2020/7/17

5/16(土)に無観客ライブ配信にて開催した美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」の報告(記録映像+3原稿)が、美術評論家連盟公式WEBサイトで公開されました。

The report page of the 2020 Symposium of AICA Japan "Culture/Earth/Environment - The World to Come and the Emergence of New Art" @DOMMUNE.COM is available at the AICA Japan Web site (3 texts + Movie archive)

2020/7/14

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにで開催した「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」のアーカイブを四方のYouTubeチャンネルでも公開しました(当日のタイムテーブル入り)。

The movie archive of MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” on June 26 (Fri) @DOMMUNE.COM is available at Yukiko Shikata’s YouTube Channel.

2020/7/3

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにで開催した「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」のアーカイブがDOMMUNE.COMで公開されました。チャット履歴も表示されます。

The movie archive of “MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” on June 26 (Fri) @DOMMUNE.COM is available at DOMMUNE.COM

2020/06/16

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにて、オンラインフェス「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」をDOMMUNEと共同で開催します。2010年に手作りで開催したメディアフェスティバル「IST(Interferenze Seeds Tokyo) 2010」から10年を記念するとともに、ポストパンデミック時代におけるオンラインを含めたフェスの可能性をトークとライブで追求します。出演:Ai.step、evala、城一裕、正直、山川冬樹、レアンドロ・ピサノ、宇川直宏、四方幸子(MMFS2020) & more!?

“MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” will be held online at DOMMUNE.COM (co-organized with DOMMUNE) on June 26 (Fri) 19:00-24:00 (JST) . The festival celebrates 10 years since “IST(Interferenze Seeds Tokyo) 2010” and to explore the possibility of sound and social festival of the future in post-pandemic era by talks and experimental live premiers, with Ai.step (Scott Allen + Kakuya Shiraishi), evala, Shojiki (Muku Kobayashi + Mitsuru Tomisato), Kazuhiro Jo, Leandro Pisano, Fuyuki Yamakawa, Naohiro Ukawa, Yukiko Shikata (MMSF2020) & more!?

2020/5/17

美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」の記録映像が公開されました(3時間42分)。

The document movie of AICA Japan 2020 Symposium “Culture/Earth/Transformation - The World to Come and The Emergence of New Art” is available at YouTube. (Japanese, 3H42Min.)

2020/5/16

実行委員長として関わった美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」を、S/U/P/E/R DOMMUNEの特別協力により無観客ライブ配信にて開催しました。

AICA Japan 2020 Symposium “Culture/Earth/Transformation - The World to Come and The Emergence of New Art” (I as a chairperson of the executive committee of the symposium) was held by shifting to online at DOMMUNE.COM, with special cooperation by S/U/P/E/R DOMMUNE.

2020/5/7

『美術手帖(BT)』2020年6月号「新しいエコロジー」特集(美術出版社)に原稿が2本掲載されました。コラム「遍在する水、情報フローとしての世界」、アーティスト紹介「フォッサマグナから日々の営みへ 堆積し続ける「生きた地層」を写しとる アバロス村野敦子」。

2 articles in “Bijutsu Techo (BT)” magazine (“New Ecology” issue, June, 2020), one is a column titled “Henzai suru Mizu, Joho Flow toshiteno Sekai (Omnipresent Water, the World as information Flow)”, and another is on Atsuko Murano Abalos ’ photo works on “Fossa Maguna”. (in Japanese)

2020/5/1

今夏開催を予定していた東京の水をめぐるアートプロジェクト「オープン・ウォーター〜水(*)開く」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、来年に延期しました。

Art project “Open Water”, originally scheduled for this summer, was postponed to 2021 due to new Coronavirus expansion.

2020/4/11

「MAT TALK 三木麻郁 x 四方幸子『− 10年の場所から、できた道を振り返る』at 桑原商店(YouTube配信)が公開されました。 2012年3月11日からアーティストの三木麻郁が毎年3月11日に実施しているプロジェクト「しゃぼん玉を吹きながら、歩いて家に帰る」。その記録と今年の内容がMAT (MEDIA AMBITION TOKYO) 2020に出展され、関連イベントとして予定していた3月28日の公開トークを、新型コロナウイルスの拡大を受け、同日「無観客収録」したものです(1時間強)。

MAT (MEDIA AMBITION TOKYO) TALK: Maaya Miki x Yukiko Shikata, to look back the period since “3.11, 2011” (The Great East Japan Earthquake) through Miki’s walking project with blowing bubbles every year on that day since 2012, at Kuwabara Shoten (YouTube). On March 28, instead of the scheduled event, our talk was documented without audience and is available at YouTube. (ca. 1H, Japanese)

2020/4/21

オープン・ウォーター実行委員会2019年度活動報告書(助成:河川財団)を発行しました。東京の水をめぐる地層・歴史・文化・防災面などのリサーチツアーや研究会、アーティスト・リサーチ、水辺で行う実験的なピクニック「Open Water Picnic」プロトタイプの報告をはじめ、江戸・東京年表「水運形成に見る都市の発展」も掲載しています。

Published “Open Water Committee 2019 Report” (Funding Support by Kasen Zaidan (River Foundation)). It includes tours and lectures on geological, historical, cultural and disaster prevention aspect of water in Tokyo, artists research, “Open Water Picnic” prototypes, and the chronology of Edo-Tokyo on Water (Japanese).

© 2020 yukiko shikata All Rights Reserved