2020/11/22

ディレクターを務めるオープン・ウォーター実行委員会(2018-)初の公開イベントとして山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」を開催します。2020年11月29日(日) 16:00〜19:00@東京湾海上(雨天順延)※ライブパフォーマンスの一般公開はありません。○アーカイブ配信(無料)は、2020年12月6日(日)より。

Fuyuki Yamakawa "DOMBRA" organized by Open Water Committee (since 2018, I as Director) will be held as follows: ○Live Performance: November 29 (Sun), 2020 16-19:00 on water in Tokyo Bay (postponed In case of rain) *for limited number of audience / ○ Archive streaming (free) available from December 6 (Sun).

2020/11/18

11/23(月・祝)13–14:30 オンライントーク「Fossa Magna- Their landscapes / フォッサマグナ- 彼らのランドスケープ」 を VABF (Virtual Art Book Fair)にて開催します。パネリスト:竹之内耕(地質学・博士(理学))、アバロス村野敦子(写真家 )、四方幸子(主催:assignments)。

On November 23 (Mon/holiday), 2020, at 13:-14:30 (JST) online talk “Fossa Magna- Their landscapes” with Abaros Atsuko Murano (Artist/Photographer) + Ko Takenouchi (Geology, Doctor of Science) + Yukiko Shikata at VABF (Virtual Art Book Fair), organized by assignments.

2020/11/14

『美術評論家連盟会報』 21号 特集「批評とメディアの30年」に、「90年代から2000年のコンピュータとインターネットを介した美術批評について ー 1990年代 オンライン上の批評の黎明」を寄稿しました。

My text “On the Art Criticism via Computer and Internet, between 1990 and 2000 — Emergence of Online Criticism in 1990s” appeared in “AICA Japan” Journal No. 21. *Japanese

2020/11/8

内海聖史個展「squid」(2020/11/27-12/27)@アートフロントギャラリー(代官山)に寄せた短文がアップされました。

English version of my text on Satoshi Uchiumi Exhibition "squid" (November 27-December 27, 2020) @ Art Front Gallery (Daikanyama, Tokyo) appeared. *please switch to “English”

2020/11/7

『美術手帖』2020年12月号(11/7発売)にエキソニモ(千房けん輔、赤岩やえ)へのインタビューが掲載されました。

Interview with exonemo (Kensuke Sembo, Yae Akaiwa) appeared in an art magazine “BT (Bijjutsu techho)” (December 2020). *Japanese

2020/9/26

10/1 19:00-23:00 @SUPER DOMMUNE スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7 「スイスの創造性とニューノーマル―AR・ロボットがダンス・コンテンポラリーアートと出会ったら」●TALK:ジル・ジョバン、AATB/宇川直宏/真鍋大渡/四方幸子 ●LIVE : 中山晃子、Quiet Love(from Zürich)*同時通訳つき DOMMUNEにアップされました。

10/1 19:00-23:00 (JST) / 12:00-16:00 (CET) “SWISS CREATIVE TALK vol. 7 : Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” @ S/U/P/E/R DOMMUNE. Speakers: Gilles Jobin, Daito Manabe (Rhizomatiks), Naohiro Ukawa (S/U/P/E/R DOMMUNE), Yukiko Shikata and AATB (design practice), Live: Akiko Nakayama, Quiet Love (from Zürich), the information is now on DOMMUNE.

2020/9/16

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」(10/31まで配信中|日本語 [フランス語の発言は字幕付き])の購入期限が10/30 23:30に延長されました。

The purchasing deadline of the Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Streaming till October 31 |Japanese (with Japanese subtitle for Hisham Berrada’s talk) was extended to 23:30 (JST) of October 30.

2020/9/15

9/11に配信されたArs Electronica 2020 - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” の記録映像(英語)が公開されました。

The movie of Ars Electronica 2020 - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition”, streamed on September 11, is available. *English

2020/9/15

「Museum inside Network 91 Revisited」セッション(Ars Electronica2020枠文化庁メディア芸術祭制作「Tokyo Garden」、9/9-13 オンライン配信)の記録映像が公開されました。

The movie of talk session “Museum inside Network 91 Revisited” in “Tokyo Garden” by the Japan Media Arts Festival under the umbrella of Arts Electronica 2020, is available. *with English translation

2020/9/13

9/15 19:00-25:00 SUPER DOMMUNE Florian Schneider追悼番組「クラフトワークとジャーマンエレクトロニクス大百科」に出演します。トーク1:永田一直、井上誠、明石政紀(ZOOM) 、司会:野々村文宏/トーク2:砂原良徳、MOODMAN、四方幸子、司会:宇川直宏/DJ Plays KRAFTWERK ONLY :砂原良徳、永田一直、MOODMAN。

9/15 19:00-25:00 Participate to the “Talk2” in the live streaming of SUPER DOMMUNE - in memory of Florian Schneider - “ENCYCLOPEDIA OF KRAFTWERK & GERMAN ELECTRONICS” (Talk1: Kazunao Nagata, Makoto Inoue, Masanori Akashi[ZOOM], moderated by Fumihiro Nonnomura / Talk2: Yoshinori Sunahara, MOODMAN, Yukiko Shikata, moderated by Naohhiro Ukawa / DJ Plays KRAFTWERK ONLY: Sunahara Yoshinori, Kazunao Nagata, MOODMAN.

2020/9/9

10/1 19:00- スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7 「創造性とニューノーマル—AR&ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス」@ S/U/P/E/R DOMMUNEに出演します。出演者:AATB(アンドレア・アンナ―&ティボー・ブレべ)、ジル・ジョバン、真鍋大度、四方幸子、宇川直宏。

10/1 Live streaming from 19:00 p.m. (JST in Japan) / 12:00 p.m. (noon CET) “SWISS CREATIVE TALK vol. 7 : Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” p S/U/P/E/R DOMMUNE. Speakers: Gilles Jobin (choreographer and filmmaker), Daito Manabe (Rhizomatiks), Naohiro Ukawa (S/U/P/E/R DOMMUNE), Yukiko Shikata and AATB (design practice).

2020/9/8

9/9-13 Ars Electronica2020枠文化庁メディア芸術祭による「Tokyo Garden」(オンライン配信)が開催。「Museum inside Network 91 Revisited」セッションに参加します。久保田晃弘、八谷和彦、江渡浩一郎、四方幸子、モデレーション:齋藤精一(Rhizomatiks/Tokyo Gardenディレクター)+畠中実(ICC)。

9/9-13 The talk session “Museum inside Network 91 Revisited” (Akihiro Kubota, Kazuhiko Hachiya, Kouichiro Eto, Yukiko Shikata, moderators: Seiichi Saito (Rhizomatiks&Director of “Tokyo Garden”) and Minoru Hatanaka (ICC) in “Tokyo Garden” by the Japan Media Arts Festival under the umbrella of Arts Electronica 2020, is streamed online. *with English translation

2020/9/5

9/11 21:00-23:00 Ars Electronica - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” が配信されます:カールステン・ニコライ、マルコ・ペリハン、阿部一直、四方幸子、齋藤精一(Rhizomatiks)(トーク 21:00-22:00)、真鍋大渡(Rhizomatiks)(ライブ22:00-23:00)。 *トークは英語

Sept. 11(Fri) 15:00-15:55(UTC+2) Ars Electronica - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” Seiichi Saito (Rhizomatiks, JP), Carsten Nicolai (DE), Kazunao Abe (JP), Marko Peljhan (SI), Yukiko Shikata (JP)/Talk, Daito Manabe (Rhizomatiks,JP)/Live. [Talk in English]

2020/9/1

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」の配信期間が発表されました。 9/20(日)-10/31(土)|日本語(フランス語の発言は字幕付き)。料金:一般1000円、アンスティチュ会員無料(購入期限:9/19)。

Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Streaming date: September 20 (Sun) - October 31 (Sat). |Japanese (with Japanese subtitle for Hisham Berrada’s talk). Yen 1,000/ Free for Institut Francois members. (purchasing deadline: September 19 (JST)).

2020/8/17

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」(9月初旬配信・日程は近日告知)に出演します。第一部:イシャム・ベラダへのインタビュー(司会担当)/第二部:三原聡一郎、奥野克巳、四方幸子による鼎談。

Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Online streaming in early September, the date to be announced): Part I: Interview with Hisham Berrada, Part II: Talk with Soichiro Mihara (Artist), Katsumi Okuno (Anthropologist).

2020/7/17

5/16(土)に無観客ライブ配信にて開催した美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」の報告(記録映像+3原稿)が、美術評論家連盟公式WEBサイトで公開されました。

The report page of the 2020 Symposium of AICA Japan "Culture/Earth/Environment - The World to Come and the Emergence of New Art" @DOMMUNE.COM is available at the AICA Japan Web site (3 texts + Movie archive)

2020/7/14

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにで開催した「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」のアーカイブを四方のYouTubeチャンネルでも公開しました(当日のタイムテーブル入り)。

The movie archive of MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” on June 26 (Fri) @DOMMUNE.COM is available at Yukiko Shikata’s YouTube Channel.

2020/7/3

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにで開催した「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」のアーカイブがDOMMUNE.COMで公開されました。チャット履歴も表示されます。

The movie archive of “MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” on June 26 (Fri) @DOMMUNE.COM is available at DOMMUNE.COM

2020/06/16

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにて、オンラインフェス「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」をDOMMUNEと共同で開催します。2010年に手作りで開催したメディアフェスティバル「IST(Interferenze Seeds Tokyo) 2010」から10年を記念するとともに、ポストパンデミック時代におけるオンラインを含めたフェスの可能性をトークとライブで追求します。出演:Ai.step、evala、城一裕、正直、山川冬樹、レアンドロ・ピサノ、宇川直宏、四方幸子(MMFS2020) & more!?

“MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” will be held online at DOMMUNE.COM (co-organized with DOMMUNE) on June 26 (Fri) 19:00-24:00 (JST) . The festival celebrates 10 years since “IST(Interferenze Seeds Tokyo) 2010” and to explore the possibility of sound and social festival of the future in post-pandemic era by talks and experimental live premiers, with Ai.step (Scott Allen + Kakuya Shiraishi), evala, Shojiki (Muku Kobayashi + Mitsuru Tomisato), Kazuhiro Jo, Leandro Pisano, Fuyuki Yamakawa, Naohiro Ukawa, Yukiko Shikata (MMSF2020) & more!?

2020/5/17

美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」の記録映像が公開されました(3時間42分)。

The document movie of AICA Japan 2020 Symposium “Culture/Earth/Transformation - The World to Come and The Emergence of New Art” is available at YouTube. (Japanese, 3H42Min.)

2020/5/16

実行委員長として関わった美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」を、S/U/P/E/R DOMMUNEの特別協力により無観客ライブ配信にて開催しました。

AICA Japan 2020 Symposium “Culture/Earth/Transformation - The World to Come and The Emergence of New Art” (I as a chairperson of the executive committee of the symposium) was held by shifting to online at DOMMUNE.COM, with special cooperation by S/U/P/E/R DOMMUNE.

2020/5/7

『美術手帖(BT)』2020年6月号「新しいエコロジー」特集(美術出版社)に原稿が2本掲載されました。コラム「遍在する水、情報フローとしての世界」、アーティスト紹介「フォッサマグナから日々の営みへ 堆積し続ける「生きた地層」を写しとる アバロス村野敦子」。

2 articles in “Bijutsu Techo (BT)” magazine (“New Ecology” issue, June, 2020), one is a column titled “Henzai suru Mizu, Joho Flow toshiteno Sekai (Omnipresent Water, the World as information Flow)”, and another is on Atsuko Murano Abalos ’ photo works on “Fossa Maguna”. (in Japanese)

2020/5/1

今夏開催を予定していた東京の水をめぐるアートプロジェクト「オープン・ウォーター〜水(*)開く」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、来年に延期しました。

Art project “Open Water”, originally scheduled for this summer, was postponed to 2021 due to new Coronavirus expansion.

2020/4/21

オープン・ウォーター実行委員会2019年度活動報告書(助成:河川財団)を発行しました。東京の水をめぐる地層・歴史・文化・防災面などのリサーチツアーや研究会、アーティスト・リサーチ、水辺で行う実験的なピクニック「Open Water Picnic」プロトタイプの報告をはじめ、江戸・東京年表「水運形成に見る都市の発展」も掲載しています。

Published “Open Water Committee 2019 Report” (Funding Support by Kasen Zaidan (River Foundation)). It includes tours and lectures on geological, historical, cultural and disaster prevention aspect of water in Tokyo, artists research, “Open Water Picnic” prototypes, and the chronology of Edo-Tokyo on Water (Japanese).

2020/4/11

「MAT TALK 三木麻郁 x 四方幸子『− 10年の場所から、できた道を振り返る』at 桑原商店(YouTube配信)が公開されました。 2012年3月11日からアーティストの三木麻郁が毎年3月11日に実施しているプロジェクト「しゃぼん玉を吹きながら、歩いて家に帰る」。その記録と今年の内容がMAT (MEDIA AMBITION TOKYO) 2020に出展され、関連イベントとして予定していた3月28日の公開トークを、新型コロナウイルスの拡大を受け、同日「無観客収録」したものです(1時間強)。

MAT (MEDIA AMBITION TOKYO) TALK: Maaya Miki x Yukiko Shikata, to look back the period since “3.11, 2011” (The Great East Japan Earthquake) through Miki’s walking project with blowing bubbles every year on that day since 2012, at Kuwabara Shoten (YouTube). On March 28, instead of the scheduled event, our talk was documented without audience and is available at YouTube. (ca. 1H, Japanese)

© 2020 yukiko shikata All Rights Reserved