2021/5/7

5/21 13:15-15:15、世界運河会議(2021/5/21-22@名古屋)のオープニング・ディスカッション-1「水辺のコスモロジー アート・意識・未来」に出演します。登壇者:陣内秀信/服部充代/四方幸子/清水陽子 @ 愛知大学名古屋キャンパスグローバルコンベンションホール。 

5/21 13:15-15:15 Talk at the Opening Discussions 1: “Cosmology of Waterside: Art, Consciousness, Future” at the International Canal Forum Nagoya 2020 (2021/5/21-22) @ Aichi University, Nagoya Campus Global Convention Hall. *in Japanese

2021/5/3

『美術手帖』6月号(5/7発売)に、ヨーゼフ・ボイスについての原稿「未来へと接続されるボイス」を執筆しました。

Article on Joseph Beuys”Connecting to the Future” in “BT (Bijutsu Techo)” art magazine, June 2021. *in Japanese

2021/4/26

2021/4/25開催のキックオフ・トーク「南三陸 = ハーグ SAEZとは?初バーチャルAIRのおひろめ!」のアーカイブを公開しました。

Movie archive of Kick Off Talk “What is ? A premier of the first V-AIR (Virtual Artist In Residence)” on 2021/4/25. *Japanese

2021/4/25

京都府域展開アートフェスティバルALTERNATIVE KYOTO 公開フォーラム「想像力という<資本> - 来るべき社会とアートの役割」5/22 13:30-17:30 @京都文化博物館別館+オンライン(基調講演:オードリー・タン、ラウリン・ウェイヤース/パネルディスカッション:岩崎秀雄、占部まり、奥野克巳、モデレーター:四方幸子/アーティスト・プレゼン:荒木悠、石川竜一、SIDE CORE、島袋道浩、Hyslom他、モデレーター:八巻真哉) 。企画協力しました。 *Web近日公開

Conceived and appear as a moderator at: Open Forum “Imagination as a form of ”,(Keynotes: Audrey Tang, Louwrien Wijers / Panel Discussion: Hide Iwasaki, Katsumi Okuno, Marie Urabe, moderator: Yukiko Shkata / Artists presentation, moderator: Shinya Yamaki), in the frame of ALTERNATIVE KYOTO Festival 2021, Kyoto Prefecture.

2021/4/24

2021/4/25 14:00-17:00(日本時間)ライブ配信+現地開催|キックオフ・トーク「南三陸 = ハーグ SAEZとは?初バーチャルAIRのおひろめ!」会場:南三陸まなびの里いりやど ラウンジ 入場料:無料 定員:12名(事前予約制)、出演:阿部忠義(南三陸ラーニングセンター 理事)、佐藤太一(株式会社佐久 専務取締役)、時里充+福留麻里(アーティスト)、岩田康宏(南三陸AIRコーディネーター)、四方幸子、錦良成(ロッテルダム)

Live stream and on site: Kick Off Talk “What is ? A premier of the first V-AIR (Virtual Artist In Residence)” on 2021/4/25 14:00-17:00 (JST) *Japanese

2021/4/24

2021/4/21開催のトーク 「太平洋アートネットワーク#3」(ゲスト:グレッグ・ドボルザーク、ジェームズ・ジャック)のアーカイブを公開しました。 *日本語

Movie archive of talk “Pacific Art Network#3” ( Guests: Greg Dvorak, James Jack on 2021/4/21. *Japanese

2021/4/23

時里充+福留麻里「山びこを持っていく」展(2021/4/24-5/5、 「南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)」)@南三陸まなびの里いりやど ラウンジ。

“Transporting Echoes” Exhibition by Mitsuru Tomisato + Mari Fukutome, in the frame of “Minamisanriku = Haag SAEZ” is on from 2021/4/24-5/5 @ Minamisanriku Learning Center “Iriyado”.

2021/4/16

宮城県南三陸町とオランダのハーグを結ぶ「南三陸 = ハーグ SAEZ(アート・エクスペリメン特区)」、国内アーティストのV-AIR(ヴァーチャル・アーティスト・イン・レジデンス)によるプロジェクト、時里充+福留麻里「山びこを持っていく」 とともに開始しました。

“Minamisanriku=Haag SAEZ (Special Art Experiment Zone)” project, connecting Minamisanriku, Miyagi Prefecture (Japan) and The Haag (Netherlands) started with V(Virtual)-AIR, showing a first result with the project “Transporting Echoes” by Japanese artists Mitsuru Tomisato + Mari Fukutome.

2021/4/15

4/21 19:00-21:00(JST)トーク 「太平洋アートネットワーク#3」@ YouTube Live。ゲスト:グレッグ・ドボルザーク(太平洋諸島学・早稲田大学教授/東京)、ジェームズ・ジャック(アーティスト、リサーチャー/シンガポール)、ホスト:加藤翼・四方幸子・村山悟郎 *日本語

April 21, 19:00-21:00 (JST) Talk “Pacific Art Network#3 @ YouTube Live. Hosts: Tsubasa Kato, Goro Murayama, Yukiko Shikata / Guests: Greg Dvorak (Pacific Studies /Waseda University), James Jack (Artist&Researcher, Singapore) *Japanese

2021/4/6

2019年から委員として参加している「水都東京・未来会議」のウェブサイトが公開されました。

Web site of “Conference for Aqua-city Tokyo in the future” (Committee member since 2019) came out.

2020/4/2

2021/4/2 daisy*・稲垣匡人ドキュメンタリー映像「Serendipity」(2021)でコメントしています。

My interview is in a documentary video of daisy*・Masato Inagaki “Serendipity” (2021). *in Japanese

2021/4/2

3/12に開催された「アート・テクノロジー・ビジネスの融合するアーティスト! daisy*・稲垣匡人アートプロジェクト発表会」稲垣匡人、吉泉聡(TAKT PROJECT)、柴田尚希(三菱重工)、四方幸子 @六本木 蔦屋書店の記録映像が公開されました。

Movie archive of “daisy*・Masato Inagaki - Artist who traverses Art, Technology and Business” (online+offline @ Roppongi Tsutaya Books) on March 12 with Inagaki, Satoshi Yoshiizumi (TAKT PROJECT), Naoki Shibata (Mitsubishi Heavy Industries), Yukiko Shikata. *in Japanese

2021/3/25

2020/10/1にDOMMUNEで配信したスイス・クリエイティブ・トーク vol. 7「創造性とニューノーマル — AR & ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス」(AATB、ジル・ジョバン、真鍋大度、四方幸子、宇川直宏、クワイエット・ラブ・レコーズ + 中山晃子)のアーカイブが全編公開されました。

Full video of DOMMUNE (live stream) “SWISS CREATIVE TALK VOL. 7: Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” on October 1, 2020 is available. (with AATB, Gilles Jobin, Daito Manabe, Yukiko Shikata, Naohiro Ukawa and special performance by Quiet Love Records + Akiko Nakayama.

2020/3/19

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー」第3回「WE ARE HERE AWAKE AND ALIVE」が公開されました。

“WE ARE HERE AWAKE AND ALIVE”, a third article of my series “Ecosophic Future” (for HILLS LIFE) is published.

2021/3/5

3/9 20:00-22:00 (日本)/ 3:00-5:00 (PST) 「太平洋アートネットワーク#2 つながる水〜3.11から10年」@Clubhouse|東日本大震災(3.11)から10年を迎えようとする夜に、地震や津波、海流、漂流物、鯨などに目を向けてアーティストやキュレーターが話します。ホスト:加藤翼、村山悟郎、四方幸子/ゲスト:アバロス村野敦子、キオ・グリフィス、是恒さくら、高橋優子

March 9, 3:00-5:00 (PST) / 20:00-22:00 (JST) “Pacific Art Networrk#2 Connecting Water ~ 10 Years after “3.11”, the Great West Japan Earthquake” @ Clubhouse *Japanese| Hosts: Tsubasa Kato, Goro Murayama, Yukiko Shikata / Guests: Atsuko Murano Abalos, Kio Griffith, Sakura Koretsune, Yuko Takahashi.

2021/3/3

HILLS LIFE連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」第2回、オードリー・タンとのトーク (2020/12/16@台北C-Lab)の後半が公開されました。

The second half of the conversation with Audrey Tang (Japanese translation) at Taipei C-Lab on December 16, 2020 came out at “Ecosophic Future”.

2021/3/2

「村山悟郎 Painting Folding」展@TSCA (2020/12/19-2021/2/13)のレビュー記事(2020/2/4@美術手帖Web)が、英訳とともに村山悟郎サイトで公開されました。

English translation of my review on Goro Murayama's solo exhibition "Painting Folding" @ TSCA for BT Web magazine in PDF is uploaded at Murayama’s site, together with the link of original review in Japanese.

2021/3/1

3/12 18:30-20:00「アート・テクノロジー・ビジネスの融合するアーティスト! daisy*・稲垣匡人アートプロジェクト発表会」トーク(オンライン+オフライン@六本木蔦屋書店)に出演しま す。

Talk event “daisy*・Masato Inagaki - Artist who traverses Art, Technology and Business” (online+offline @ Roppongi Tsutaya Books), 18:30-20:00 on March 12.

2021/2/20

HILLS LIFEで連載「エコゾフィック・フューチャー(Ecosophic Future)」を開始しました。初回と第2回は、2020/12/16に台湾で行なったオードリー・タンとのトーク全編を紹介します。

Started a serial article “Ecosophic Future” at HILLS LIFE, featuring the Japanese translation of whole conversation with Audrey Tang, held at Taipei C-Lab on December 16, 2020 for the first two times.

2021/2/4

村山悟郎個展「Painting Folding」@TSCA (Takuro Someya Contemporary Art) のレビューがWeb版『美術手帖』に掲載されました。

The review of Goro Murayama “Painting Folding” Exhibition @TSCA (Takuro Someya Contemporary Art) for Web ver. of “BT (Bijutstu Techo)” art magazine. *in Japanese

2021/1/20

1/30 14:00-16:00 四方幸子 講演会「メディアアートにおけるメセナ事業と展示/ キヤノン・アートラボと資生堂サイバーギャラリー・CyGnet について」@ アートラボあいち2階(事前申込制・ライブ配信有)

Lecture “On Mecenat Programs of Media Art in1990s-early 2000s/ Canon ARTLAB and Shiseido CyGnet” at ART LAB AICHI, Nagoya, 14:00-16:00(JST) on January 30. (+ online) *in Japanese

2021/1/15

1/22 14-16時に 「声」をめぐるオンライン・トークショーに山川冬樹さん、黒嵜想さんと出演します。多摩美術大学 情報デザイン学科メディア芸術コース3年生有志学外展 2021「ツ__、」(1/21-23)枠です。

Online talk show “on ” with Fuyuki Yamakawa (artist) and So Kurosaki (Critic), January 22, 14-16:00 (JST), in frame of “ツ__、(tsu…ten)”, a student exhibition of 3rd Grade, Media Arts course of Information Design Dept., Tama Art University (January 21-23).

2020/12/28

山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」(11/29@東京港海上、主催:オープン・ウォーター実行委員会)の全編記録映像が公開されました。

Full video archive of Fuyuki Yamakawa live performance "DOMBRA" (November 29, on water in Tokyo Harbor, Organized by Open Water Executive Committee) is available.

2020/12/25

年末に刊行された『美学の事典』(編:美学会、発行:丸善出版)で項目「医療と芸術ー生命観の変化に芸術(アート)はどう向き合ってきたのか」を担当しました。

Contributed one article “Medical care and art - How has art reflected changes in the outlook on life?” In “Encyclopedia of Aesthetics” (Ed. The Japanese Society for Aesthetics, Publisher: Maruzen Publishing Co., Ltd., 2020).

2020/12/20

12/19に開催されたオンラインパネル「the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era」の記録映像が公開されました。

The movie of online forum “the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era” on December 19, is now available.

2020/12/17

12/16に台北のC-Labで開催されたオードリー・タンとのトーク「Il y a … 存在著…」(Shih-Chieh Ilya Li (1973-2019))の記録映像が公開されました。

The movie of a conversation with Audrey Tang, “Ilya…” @C-Lab (Taipei) on December 16, is available.

2020/12/10

12/21 11:00-12:00 (日本)/ 10:00-11:00 (台湾) にオンライントーク「Mycorrhiza(菌根)Chatroom」をアリサ・ブレークニー(キュレーター、オーストラリア)とトゥーツン・リー(アーティスト、台湾) と ともに行います(アートマガジン『Hyphae』刊行イベント)。

On December 21, 11:00-12:00 (JST)/ 10:00-11:00 (Taiwan), an online Talk “Mycorrhizal Chatroom” with Alisa Blakeney (Curator, Australia), Tzu Tung Lee (Artist, Taiwan) and Yukiko Shikata (staying in Taipei) for “Hyphae” magazine.

2020/12/10

12/19 23:00-25:00 (日本)/ 15:00-17:00 (CET)に開催されるオンラインパネル「the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era」で、1人目としてプレゼンします。他にダニエラ・アリアド(チリ・ノ ルウェー)、レジネ・ドバティ(ベルギー)、カミラ・マランビオ(チリ)、ジョン・サッカラ (英国・フランス)が出演。モデレーター:レアンドロ・ピサノ(Liminaria/イタリア)。

On December 19, 23:00-25:00 (JST) / 15:00-17:00 (CET), appear as a first presenter in “the 1st panel of the LiminariaMMXX panel series: METARURALITY Toward an Aesthetics and Politics of Marginal Territories in the Post-pandemic Era”, followed by Daniela Arriado (Chile&Norway),  Régine Debatty  (Belgium),   Camila Marambio  (Chile) and John Thackara (UK&France). Moderator: Leandro Pisano (Liminaria / Italy).

2020/12/10

12/16の 19:00-20:00 (日本)/ 18:00-19:00 (台湾)にオードリー・タン(デジタル大臣、台湾) と台北のC-Labでトーク「Il y a … 存在著…」(Shih-Chieh Ilya Li (1973-2019))を行います 。「LAB KILL LAB」(監修:シュー・リー・チェン、12/14-20 @ C-Lab)関連イベント。ライブ 配信あり。

On December 16, 19:00-20:00 (JST) [GMT=9]/ 18:00-19:00 (Taiwan) [GMT=8], a conversation with Yukiko Shikata and Audrey Tang, "Il y a ..." in deep thoughts with Shih-Chieh Ilya Li (1973-2019), “LAB KILL LAB” (Directed by Shu Lea Cheang) live from  C-lab  and net stream.

2020/12/6

2020/11/29に東京港海上で開催した 山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」の写真を公開し ました。12/28に記録映像全編を公開します(無料)。

Photos of Fuyuki Yamakawa live performance "DOMBRA" (November 29, on water in Tokyo Harbor is up. Archive of the whole performance is available for free from December 28.

2020/12/5

12/8 21:00-23:00 (日本)/13:00-15:00(ベルリン)にBerlin-Tokyo Viral Cloud #10 - with Yukiko Shikata」で 「Art with/for the world - through my curatorial investigation since 1990」というタイ トルでプレゼンテーションを行います。

On December 8, 21:00-23:00 (日本)[CET=8] Talk “Art with/for the world - through my curatorial investigation since 1990” @ Berlin-Tokyo Viral Cloud #10 - with Yukiko Shikata.

2020/12/3

11/20に開催されたオンライントーク「Fossa Magna- Their landscapes / フォッサマグナ- 彼らのランドスケープ」 (パネリスト:竹之内耕(地質学・博士(理学)、アバロス村野敦子(写真家 )、四方幸子))@VABFの記録映像が公開されました。

The movie of online talk “Fossa Magna- Their landscapes” with Abaros Atsuko Murano (Artist/Photographer) + Ko Takenouchi (Geology, Doctor of Science) + Yukiko Shikata @ VABF on November 23 is available.

2020/12/1

台北で12/14-20に開催される「Lab Kill Lab」 @ C-LAB(監修:シュー・リー・チェン)の5プロ ジェクトの一つ、バイオアートのワークステーション「Forking PiraGene」の共同キュレーターとし て、台湾に滞在、帰国は12/28の予定です。

Currently in Taiwan as a co-curator of bio art work station “Forking PiraGene” (one of 5 projects of “Lab Kill Lab” directed by Shu Lea Cheang at C-LAB, December 14-20), till December 28.

2020/11/22

ディレクターを務めるオープン・ウォーター実行委員会(2018-)初の公開イベントとして山川冬樹ライブパフォーマンス「DOMBRA」を開催します。2020年11月29日(日) 16:00〜19:00@東京湾海上(雨天順延)※ライブパフォーマンスの一般公開はありません。○アーカイブ配信(無料)は、2020年12月6日(日)より。

Fuyuki Yamakawa "DOMBRA" organized by Open Water Committee (since 2018, I as Director) will be held as follows: ○Live Performance: November 29 (Sun), 2020 16-19:00 on water in Tokyo Bay (postponed In case of rain) *for limited number of audience / ○ Archive streaming (free) available from December 6 (Sun).

2020/11/18

11/23(月・祝)13–14:30 オンライントーク「Fossa Magna- Their landscapes / フォッサマグナ- 彼らのランドスケープ」 を VABF (Virtual Art Book Fair)にて開催します。パネリスト:竹之内耕(地質学・博士(理学))、アバロス村野敦子(写真家 )、四方幸子(主催:assignments)。

On November 23 (Mon/holiday), 2020, at 13:-14:30 (JST) online talk “Fossa Magna- Their landscapes” with Abaros Atsuko Murano (Artist/Photographer) + Ko Takenouchi (Geology, Doctor of Science) + Yukiko Shikata at VABF (Virtual Art Book Fair), organized by assignments.

2020/11/14

『美術評論家連盟会報』 21号 特集「批評とメディアの30年」に、「90年代から2000年のコンピュータとインターネットを介した美術批評について ー 1990年代 オンライン上の批評の黎明」を寄稿しました。

My text “On the Art Criticism via Computer and Internet, between 1990 and 2000 — Emergence of Online Criticism in 1990s” appeared in “AICA Japan” Journal No. 21. *Japanese

2020/11/8

内海聖史個展「squid」(2020/11/27-12/27)@アートフロントギャラリー(代官山)に寄せた短文がアップされました。

English version of my text on Satoshi Uchiumi Exhibition "squid" (November 27-December 27, 2020) @ Art Front Gallery (Daikanyama, Tokyo) appeared. *please switch to “English”

2020/11/7

『美術手帖』2020年12月号(11/7発売)にエキソニモ(千房けん輔、赤岩やえ)へのインタビューが掲載されました。

Interview with exonemo (Kensuke Sembo, Yae Akaiwa) appeared in an art magazine “BT (Bijjutsu techho)” (December 2020). *Japanese

2020/9/26

10/1 19:00-23:00 @SUPER DOMMUNE スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7 「スイスの創造性とニューノーマル―AR・ロボットがダンス・コンテンポラリーアートと出会ったら」●TALK:ジル・ジョバン、AATB/宇川直宏/真鍋大渡/四方幸子 ●LIVE : 中山晃子、Quiet Love(from Zürich)*同時通訳つき DOMMUNEにアップされました。

10/1 19:00-23:00 (JST) / 12:00-16:00 (CET) “SWISS CREATIVE TALK vol. 7 : Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” @ S/U/P/E/R DOMMUNE. Speakers: Gilles Jobin, Daito Manabe (Rhizomatiks), Naohiro Ukawa (S/U/P/E/R DOMMUNE), Yukiko Shikata and AATB (design practice), Live: Akiko Nakayama, Quiet Love (from Zürich), the information is now on DOMMUNE.

2020/9/16

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」(10/31まで配信中|日本語 [フランス語の発言は字幕付き])の購入期限が10/30 23:30に延長されました。

The purchasing deadline of the Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Streaming till October 31 |Japanese (with Japanese subtitle for Hisham Berrada’s talk) was extended to 23:30 (JST) of October 30.

2020/9/15

9/11に配信されたArs Electronica 2020 - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” の記録映像(英語)が公開されました。

The movie of Ars Electronica 2020 - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition”, streamed on September 11, is available. *English

2020/9/15

「Museum inside Network 91 Revisited」セッション(Ars Electronica2020枠文化庁メディア芸術祭制作「Tokyo Garden」、9/9-13 オンライン配信)の記録映像が公開されました。

The movie of talk session “Museum inside Network 91 Revisited” in “Tokyo Garden” by the Japan Media Arts Festival under the umbrella of Arts Electronica 2020, is available. *with English translation

2020/9/13

9/15 19:00-25:00 SUPER DOMMUNE Florian Schneider追悼番組「クラフトワークとジャーマンエレクトロニクス大百科」に出演します。トーク1:永田一直、井上誠、明石政紀(ZOOM) 、司会:野々村文宏/トーク2:砂原良徳、MOODMAN、四方幸子、司会:宇川直宏/DJ Plays KRAFTWERK ONLY :砂原良徳、永田一直、MOODMAN。

9/15 19:00-25:00 Participate to the “Talk2” in the live streaming of SUPER DOMMUNE - in memory of Florian Schneider - “ENCYCLOPEDIA OF KRAFTWERK & GERMAN ELECTRONICS” (Talk1: Kazunao Nagata, Makoto Inoue, Masanori Akashi[ZOOM], moderated by Fumihiro Nonnomura / Talk2: Yoshinori Sunahara, MOODMAN, Yukiko Shikata, moderated by Naohhiro Ukawa / DJ Plays KRAFTWERK ONLY: Sunahara Yoshinori, Kazunao Nagata, MOODMAN.

2020/9/9

10/1 19:00- スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7 「創造性とニューノーマル—AR&ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス」@ S/U/P/E/R DOMMUNEに出演します。出演者:AATB(アンドレア・アンナ―&ティボー・ブレべ)、ジル・ジョバン、真鍋大度、四方幸子、宇川直宏。

10/1 Live streaming from 19:00 p.m. (JST in Japan) / 12:00 p.m. (noon CET) “SWISS CREATIVE TALK vol. 7 : Creativity and the New Normal – Augmented Reality and Robotics Meet Dance and Contemporary Art” p S/U/P/E/R DOMMUNE. Speakers: Gilles Jobin (choreographer and filmmaker), Daito Manabe (Rhizomatiks), Naohiro Ukawa (S/U/P/E/R DOMMUNE), Yukiko Shikata and AATB (design practice).

2020/9/8

9/9-13 Ars Electronica2020枠文化庁メディア芸術祭による「Tokyo Garden」(オンライン配信)が開催。「Museum inside Network 91 Revisited」セッションに参加します。久保田晃弘、八谷和彦、江渡浩一郎、四方幸子、モデレーション:齋藤精一(Rhizomatiks/Tokyo Gardenディレクター)+畠中実(ICC)。

9/9-13 The talk session “Museum inside Network 91 Revisited” (Akihiro Kubota, Kazuhiko Hachiya, Kouichiro Eto, Yukiko Shikata, moderators: Seiichi Saito (Rhizomatiks&Director of “Tokyo Garden”) and Minoru Hatanaka (ICC) in “Tokyo Garden” by the Japan Media Arts Festival under the umbrella of Arts Electronica 2020, is streamed online. *with English translation

2020/9/5

9/11 21:00-23:00 Ars Electronica - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” が配信されます:カールステン・ニコライ、マルコ・ペリハン、阿部一直、四方幸子、齋藤精一(Rhizomatiks)(トーク 21:00-22:00)、真鍋大渡(Rhizomatiks)(ライブ22:00-23:00)。 *トークは英語

Sept. 11(Fri) 15:00-15:55(UTC+2) Ars Electronica - Tokyo Garden / Rhizomatiks presents PLAYING TOKYO Vol.09 “Special Edition” Seiichi Saito (Rhizomatiks, JP), Carsten Nicolai (DE), Kazunao Abe (JP), Marko Peljhan (SI), Yukiko Shikata (JP)/Talk, Daito Manabe (Rhizomatiks,JP)/Live. [Talk in English]

2020/9/1

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」の配信期間が発表されました。 9/20(日)-10/31(土)|日本語(フランス語の発言は字幕付き)。料金:一般1000円、アンスティチュ会員無料(購入期限:9/19)。

Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Streaming date: September 20 (Sun) - October 31 (Sat). |Japanese (with Japanese subtitle for Hisham Berrada’s talk). Yen 1,000/ Free for Institut Francois members. (purchasing deadline: September 19 (JST)).

2020/8/17

日仏対談シリーズ「ル・ラボ」vol.33「流動する情報としての自然|空気、鉱物、植物、水…」(9月初旬配信・日程は近日告知)に出演します。第一部:イシャム・ベラダへのインタビュー(司会担当)/第二部:三原聡一郎、奥野克巳、四方幸子による鼎談。

Japanese-French Talk Session series “Le Labo” vol.33 “Nature as Information Flow - Air, Minerals, Plants, Water…” (Online streaming in early September, the date to be announced): Part I: Interview with Hisham Berrada, Part II: Talk with Soichiro Mihara (Artist), Katsumi Okuno (Anthropologist).

2020/7/17

5/16(土)に無観客ライブ配信にて開催した美術評論家連盟2020年度シンポジウム「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」の報告(記録映像+3原稿)が、美術評論家連盟公式WEBサイトで公開されました。

The report page of the 2020 Symposium of AICA Japan "Culture/Earth/Environment - The World to Come and the Emergence of New Art" @DOMMUNE.COM is available at the AICA Japan Web site (3 texts + Movie archive)

2020/7/14

6/26(金)19-24時 DOMMUNE.COMにで開催した「ミクロ・メディア・フェスティバル Seeds(MMFS)2020」のアーカイブを四方のYouTubeチャンネルでも公開しました(当日のタイムテーブル入り)。

The movie archive of MMFS (Micro Media Festival Seeds) 2020” on June 26 (Fri) @DOMMUNE.COM is available at Yukiko Shikata’s YouTube Channel.

© 2020 yukiko shikata All Rights Reserved